2017年7月14日 (金)

スーパー治療・YNSA

脳出血で倒れて 来月で3年になります。

無我夢中のこの月日。

右半身麻痺は ゆっくり ゆっくり 少しずつ回復してきています。

基本 杖歩行ですが、長い距離は車イスで押していただくか、電動車椅子を愛用しています。

退院してから飼い始めた愛猫(1才半)を 最近どうにか右手で撫でられるようになりました。

ですが、右手の動きはまだぎこちないので彼女はあまり気に入らないみたい(笑)


これまで友人知人のご縁でいろいろな治療法を教えていただいてきました。

まさに「必要な情報とご縁が 必要な時にもたらされる」と感じています。

それらの治療のどれもが相まって、今の自分の体の回復状態を作っています。


その一環で 最近、とても納得できる治療法に出会いました。

それは…
医学博士・山元敏勝 先生の YNSA という鍼治療。

ひと月前、新潟の「とやの健康ヴィレッジ」の小林さんからある本を紹介いただきました。小林さんは以前、新潟で何回も講演会を主催してくださった方。小林さんのメールに直感的に Good News と感じてすぐ本を取り寄せました。


『あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る!』 山元敏勝 ソレイユ出版


本の帯には
「ドイツ、アメリカはじめ世界14カ国以上が医療に導入! 世界が認める治療法「YNSA」は日本の誇り!」とあります。(87歳の山元先生と 若い時 アメリカの病院勤務時代に出会ったドイツ人看護師の奥様との写真がステキ)

そういえば、
宮崎に頭蓋骨に鍼を刺して痛みを取る ヤマモト先生という方が いる、と以前 誰かに聞いたことがありました。 でも宮崎は遠方、ご縁はないものと…


小林さんが全国の門下生のリストから私の地区の治療師リストも探してくれ、私も それなら、と動きました。

数カ所打診して、往診してくださる治療師さんに巡り会い、今では毎週お願いすることに。

発病から3年たっていますから、奇跡的な回復!とはいきませんが、3、4回治療を受けて 治療法がわたしの体質にあっていると感じます。私の自然治癒力も元気になっている気がします。


鍼を打つのは首から上のみ。
手足の反応を見ながら、髪の生え際にピンポイントでツボを探し、そこに鍼を打つと手足の違和感が軽減するのです。鍼を打ったら30分くらいおきます。痛みはないので初めての時、頭に20~30本針を刺しているなんて全く感じませんでした。

YNSA は、脳梗塞の半身麻痺、パーキンソン病の体の震え、耳鳴りやめまい、うつ病など、あらゆる痛みの事例があります。

世の中にはたくさんの素晴らしい治療法があるのですね。
ありがたいです。

Image_2


Posted at 06:46 午後 |

2017年7月 1日 (土)

あっと言う間に7月。

大変ご無沙汰しました。

梅雨の時期、体調管理はなかなか厳しいのですが、

療養ももう直ぐ3年になりますから 慣れてきたのでしょう。

身体的状況はともかく 気分的には以前よりずっと落ち着いています。

ご心配ありがとうございます。

さて、今日はもう7月、

メディアでも上半期のニュースのランキングなどを伝えています。

本当にびっくりするようなことが 毎日 毎日、国内で、世界で起きていますね。

社会レベルでも、個人レベルでも。

今はフェイスブックやツィッターで 即時に発信することがトレンドにあるようで、

いろいろ考えたりしてもたもたしていると話題に(時代に?)ついていけませんね。

まるで縄跳びの大縄に入ろうとしてタイミングが合わずに一歩も踏み出せない状態(笑)

自分の頭の上を始終 飛び交うニュースの中には、

今までの延長上にあるものと、

明らかに 次元の違う新しい時代を示しているものがあります。

日々 降ってくる暗いニュースや、嘆かわしいニュースなどに気を取られてしまうと、

隙間からキラッと光を見せる 次元の違う事柄や出来事を見逃してしまいます。

この見極めはなかなか難しい。

それは単なる“いいニュース”とも違います。

そういう次元の違う話題からは 素晴らしくポジティブなエネルギー波が出ているかのごとく、

それに触れた人への影響、そこからの波及効果が… 確実に今までとは違うのです。

まだまだうまくキャッチできないところですが

それを うまくキャッチできるようになって 新しい時代の訪れを心待ちにしたいと思います。


個人的にも

去る4月15日の横浜でのハピネスコンサート以来、

見える周囲の景色、人の流れ、出会う人々、引き寄せる状況などに大きな変化が…


今は“新しい自分との二人三脚”の試運転中、という感じでしょうか。

そのためにも毎日の瞑想は欠かせません。

朝晩2回のメディテーションも日常生活の大事な一部、 すっかりルーティンになりました。


世界にとって 明るい未来の扉、開くのが楽しみです。


Posted at 11:32 午後 |

2017年3月25日 (土)

小山内洋子さんのブログ

久しぶりの書き込みです。

敬愛する友人、小山内洋子さんが ブログを開設されました。
洋子さん、おめでとうございます❣️
たくさんの方が待っていました。

小山内さんは、2012年7月に「 大転換期の後 皇(オウ)の時代」を出版。
当初は2000冊だけ世に出ました。


その年の晩秋、不思議なことの連鎖で、その一冊が わたしの目の前にやってきました。

驚くべき内容に感動し、一気に読みました。そしてその数日後、ご本人と お茶をご一緒しました。

今まで わたしの心の声(ウメちゃん)が教えてくれていたことと重なり、ワクワクしました。

それ以来のご縁です。


人類は今、大きな混乱の中にあり 大転換期の渦中にいると言います。

今 始まった 今後 2500年を「皇の時代」といい

高次元の精神文明時代の幕開け、

混沌から 成熟した意識の 素晴らしい時代に移行しているのです。

パラダイム(同時代の人々の共通認識)もシフトしていきます。


好きなことを
楽しく…
楽に…

そんな生き方がこれからの生き方となるのです。
なんだか愉しくなります。
地球の未来が明るくなります。


今、「皇の時代」の本はネットで入手難しいようです。

でも小山内さんのブログが始まって、
直接 彼女の旬の発信を読むことができるので 楽しみが増えました。

是非、アクセスしてみてください。 → 小山内洋子 ブログ

Posted at 12:41 午後 気になる人&コト |

2017年1月21日 (土)

明日の講演会

全国に寒波が来ていますね。

でも今日の横浜は太陽いっぱい上天気。
窓から見える景色はポカポカ陽気ですが、きっと寒いことでしょう。

明日に備えて、私は家の中であったかくしています。
隣には猫が丸くなってまどろんでいます。

海の向こうでは、新大統領体制が始動し、大騒ぎのようですね。
以前、世銀に勤務している時にも大統領就任式がありました。
クリントンの2期目。

あの時のワシントン DCの 準備でわいた街の様子やお祭り騒ぎを思い出します。
今回は随分 状況がちかいますね。

朝から各番組で、関連ニュースと様々なコメントが流れています。
いい 悪いという目の前の事象への評価ではなく、これをふまえての 地球と人類の進化について
大局的コメントしている方がいて、ほっとして明るい未来を感じました。(NHKのニュース深読み)

さて、明日は関内ホールでの 今年初めての講演があります。

和真音さんのシンギング・リンの主催で、初めてのジョイントの会。
とっても楽しみ❣️

和さんとは長いお付き合いて、ご家族とも親しくしています。
お二人のお子さんたちはまだ高校生だった時、小田原の高校生サマーセミナーに参加してくれました。

療養中の現在は、和さんは東奔西走でお忙しい中、定期的に 我が家にシンギング・リンでヒーリングに来てくださり、その度に身体に与える波動の効果を実際に体験しています。

明日は医学的研究の成果もお聞きできるのでとても興味深い会になることでしょう。

行ってきま〜す。

Posted at 01:05 午後 毎日のこと |

2017年1月14日 (土)

知らないこと - 障がい者年金審査

ファイナンスに精通した友人から最近こんなことを聞きました。
障がい者年金には申請する時期(65歳前に)があるということ。

前にも障がい者年金について聞いたことがあったような…
脳卒中による後遺症で障がい者手帳は発行されているのですが…

それで、数日前に区役所の障がい者年金課にいってみました。

わかったのは

障がい者として認定されることが起きてから1年半経った後の
次の3ヶ月の間に、受診している医師から診断書を発行してもらって年金を申請するのです。

わたしは退院後のリハビリ病院の通院記録を調べたら、なんと…
該当期間の2日前と、5日後に診察を受けていました。でも該当期間を見事外していました!

トホホ
知りませんでした。

そういうことって、ケアマネージャーさんなどの専門家ではなく、あくまでも個人の責任なんですね。

その後、わたしは区役所の担当課長さんの親切なアドバイスで、お医者さんにお願いして診断書を申し込むところまではこぎつけました。とはいえ年金審査の全ては申請書類が整ってから、の話になりますが…

勉強になりました。
もし、同じような境遇の方の役に立てばと思い書いてみました。


Posted at 08:41 午前 |

2017年1月10日 (火)

フェイスブック 上手く使いこなしたい〜

ブックエージェント & プロデューサーの渡辺智也さんとは、昨年夏に藤原直哉さんのシンポジウムでのご縁。

今日は久しぶりに藤原さんといろいろな話題で盛り上がりました。

30代の藤原さんと話をしていて大いに刺激をうけました。

私は まだまだ 療養中ではありますが、今後はもっと発信してもいこうと思いました。

帰りがけに FB用にと一緒に写真を撮りました。

夕方には、藤原さんのFBに載った写真とコメントにいろいろな方からレスポンスを頂いて、改めて発信することが大事と再確認。

もっとFBやインスタグラムなどに強くなりたいです。誰か教えて〜

Posted at 11:25 午後 |

2017年1月 9日 (月)

ハッピーバースデー

愛猫 アンカーの1歳の誕生日、

1年前産まれたんだね、まだ出会っていなかったけれど。

我が家に来たのは4月の私の誕生日。

初めてのペットライフで、私の療養生活がこんなにも癒されるとは。幸せ〜

アニマルコミュニケーターさんのおかげで、心の交流もバッチリ。

出会えてよかった、アンカー。 これからも2人で楽しく、ね。

朝、ブリーダーの高橋さんから バースデープレゼント、
可愛いぬいぐるみが届きました。ありがとう

Posted at 11:41 午後 |

2016年12月 2日 (金)

師走になりました。

外の寒さに恐れをなして、ここ数日、家で冬眠中。

寒さで身体は強張っていても、それでもなんだかウキウキ、12月。

ドア飾りをクリスマスバージョンに変えて家じゅうのカレンダーを最後の1枚にした。

午後にDaisy Co.のTさんが、12月10日の打ち合わせに見える。

定員100名でもうほとんどいっぱい。 100名の会場で大きなゆんたくのような場を作りたい。

Tさんは音楽のプロで 今回もコラボするピアニストの関藤さんとの選曲もとてもいい。

実は1週間ほど前、早朝に目が覚めてしまった。

子猫のアンカーが頭の上を通っていったこともあるが、その後は眠れなくなり、12月10日のリハーサルが頭の中で始まってしまった。

初めは、ふんふんと聞き流していたが、スケジュールの詳細について、その場で披露する訳詞について、次々と情報がはいってくるので、寝るのはあきらめてベッドの上でアイパッドに書き始めたら、あっという間にA4、4枚分。

書き終わったらやっと寝かせてもらえた。

今日は二人の企画をすり合わせて準備万端。 あ~10日が楽しみ~

5時にはケアマネジャーのHさんが見える。 寒いのにごくろうさまです。

彼女は毎月一度必ず会いに来てくれて、ケアプログラムの見直しと確認。

日本は介護&障がい者ケアが充実していて本当に助けられている。

すべて順調で、「よいお年を」と今季初めての年末のご挨拶をかわす。

ニュースでは様々な話題が流れている。信じがたいこと、心配なことも。

頭をいろいろ巡らせたあとは意識して、心を切り替えてOFF モードにしなくては。

Posted at 07:17 午後 |