« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月31日 (金)

秋の気配

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

昨日はエアコンが不要な一日でした。やっと大好きな秋の気配が感じられるようになりました。昨日から雨もたくさん降り、庭の芝や、庭木がいきいきしています。

明日は仙台で天命塾主催の「大洋のゆたかさ」セミナーがあります。 仙台は両親の故郷で親戚もたくさんいる大好きな土地です。 そこで2度目の開催のこの研修は開催するたびにバージョンアップしてきています。特に、先日、新刊を書き上げた今、明日の研修がどういう展開になるか私もとても楽しみなんです。 ウメちゃんは毎回、新しいインスピレーションを加えてきますから。

豊かに生きるには「所有権」ルート「使用権」ルートがあるのです。 宝くじが大当たりしたり、莫大な遺産を相続すると「所有権」はすぐに手に入ります。 でも「使用権」はそうはいかないのです。でもその「使用権」、つまり自由に楽しんで使う権利、は必ずしも資産を持っていなくてもエンジョイすることができるから面白いのです。 以前から、ウメちゃんは「宝くじが当たったら即、解決することに必死にならないようにね」と言っていたその意味がいまやっとわかってきた気がします。

大金を手にしても、大きな地位を手にしても、必ずしも手に入らないものがあるのです。 それはたとえば、信頼、愛、友情、いきがい、幸福、充実感・・・・。 「使用権」にはこういうものがモノを言います。 

仙台に滞在する間、主催者の大久保さんにお願いして慈眼寺に連れて行っていただこうと思っています。そこは吉野の金峰山寺で出家得度し、1300年の歴史で2人目となる大峰千日回峰行を満行された大阿じゃり、塩沼亮潤さまのお寺です。 亮潤さまはまだ30代の若さで修行と研鑚の日々を送られているとか。 昨年は比叡山・天台宗の酒井雄哉大あじゃりさまと日光でご一緒の舞台でトークをさせていただいたのですが、仏門を極めている方々との邂逅ではいつも静かに、でもしっかりと魂を揺さぶられます。心のどこかにスイッチが入るのを感じます。 ろみ

042_2 ● 9月15日ごろ全国で発売される新刊の表紙見本が、たった今、宅急便で届きました!

「本当の豊かさ」を引き寄せる「お金持ちマインド」の育て方 (大和出版) です。

帯には: お金は<降ってくる>ものです。 えっ???

Posted at 11:02 午前 毎日のこと |

2007年8月29日 (水)

トークライブ

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

随分御無沙汰です。 先週は夏休みをとりました。 妹と、姪と女性3人の南国への旅でした。 いつもの関係性も、環境が変わるといろいろ気付きがあるものだなあと再認識しました。 わたしは妹と2人姉妹、まったく違う性格ながら昔からとても仲が良いです。幼いころから、両親は私には語学を、妹には音楽の道を割り振って(?)くれたのでお互い異なるジャンルでぶつかることもありませんでした。 姉妹っていいものです。

バカンスから戻った翌日、リフレッシュしたからかとても元気で、日の陰りだしたころから3時間で、雑草生え放題だった我が家の庭は芝刈りをしてとってもさっぱりしました。 本当は芝の部分も、憧れのターシャ・チューダーさんの庭のようなワイルドガーデンにしたいのです。ブルーベリーもたくさんできています。 先日は庭のブルーベリーでパイを焼きました。

さて、26日は大阪のトークライブ。

印象深いトピックでの対話がたくさんありました。 闘わないセールスアプローチ、夢の叶え方、家族との付き合い方、などなど。質問してくださた方々、勇気に感謝です。 他人の対話の中からヒントをもらったという人がたくさんいました。 「問題と答えはセットになっている」と再認識しました。 来年度は大阪は少し違った形での会を計画しています。お楽しみに。

翌日、27日は岡山のトークライブ。

手話通訳がつく会ははじめて。ちょっと緊張しました。ただでさえかなりスピードの出る話し方ですから。 手話通訳は外国語の通訳同様、15分ほどで交替します。 通訳さんにお願いしながら質問もいただきました。 以前、自分の著書を吹き込んでオーディオライブラリーを作りたいなと思ったことがあります。 今はCD会員システムがありますが・・・。 岡山でも多種な事例もいただきました。 今までの人生の中でどうしても人を(家族を)恨んでしまう、という話も。 その時の返答は「過去の料理の仕方は2種類、1)過去を調理して花で飾って、おしまい! ただ前に向かって歩むだけ、2)過去に囚われて、周りの人を恨んでしまうか・・・。う~ん、どっちもいいと思います。 恨みだって重要な学習課題ですから。でもできれば過去をすべて花で飾って、そのままそこに置き去りにして、今を充実させていけたらもっと楽しいと思います。

今日は友人のご夫妻が小学生の娘さん二人と小田原にいらっしゃいます。 久しぶりに小田原のとびきりおいしいカレーを食べに行きましょう。l

ろみ

Posted at 02:37 午前 ソーシャルリース |

2007年8月21日 (火)

阿蘇は雄大

033_2  中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

熊本に行ってきました。 去る18日は熊本メッセでの講演会がありました。 とっても暑い日だったにもかかわらず、定員を超える150名あまりの方々がおいでくださいました。火の国、熊本の皆さんはとても熱く熱心! 遠くは車で3時間半かけて山口からいらしてくださったお仲間、山を越えて反対側の大分から、福岡、鹿児島各地からも・・・ 皆さん、お会いできてうれしかったです。 主催の木原さんご夫妻、お仲間のみなさん、お世話になりましてありがとうございました。

幸せに生きるヒント、豊かさを受け取るには?などウメちゃんワールドの話をはじめて聞いてくださる方はきっと驚きだったことでしょう。何しろ基本は「まずは自分から(他人のことはちょっとほっておいて)」、自分の心を自分で満たす、豊かさは無尽蔵、とりほうだい、などなど。他人のためにとか、自己犠牲と考えている方には真反対に思えたのではないかしら。

後半のトークライブでは、参加者の方と、「夢を叶える方法」について実際にやりとりをしながらお話ししました。 こちらの矢継ぎ早の質問に、だんだんすらすらと答えている女性、彼女の答えに会場中が入りこむとう興味深い体験もありましたね。

025_3 講演会の前日には阿蘇の大自然を満喫しました。 遠くに見える阿蘇の山々はまるでお釈迦さまの寝姿に見えませんか? 左がお顔です。 また近くの菊池渓谷の滝とせせらぎはマイナスイオンのとびきり涼しい風が吹いていました。 こんな柔らかい涼風が出せるエアコン、ほしいなあ。

029_2  もうひとつ、熊本での講演会の楽しみは、ヘアサロンです。熊本交通センターホテル7Fにあるベイクドボテト (Tel.096-354-7963)お店を入るとどーんと大きなシャンデリア、びっくりです。内田達也先生はとてもユニークな方。今回で2度目ですが、お人柄がとっても温かくって、その人に似合う髪形のアドバイスがとっても的確。 髪は短いよりも少し長めがお勧めで、わたしには後頭部を膨らませたオードリーヘプバーンのようなモード型を勧めてくださいました。若い頃には出せなかった魅力について学びました。 また行きたいな。 ろみ

Posted at 06:15 午前 毎日のこと |

2007年8月17日 (金)

最高気温!

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

あまりに暑くて、額にはる冷えピタと、首に巻くひんやりベルトを買ってしまいました。でも鍼灸の先生に伺ったら、冷やすと血管が収縮し、はずすと急に血管が広がるとのこと。 これは気をつけなくちゃ。 加えて冷たい飲み物より、あたたかいものをおなかに入れたほうが、楽なんだそうです。 いつもはホットティが定番ですが、この暑さでやはり冷たいものに手が出てしまいます。 これも気をつけなきゃ。

今日はなんと40度越える暑さを記録した都市がたくさんあったそうで驚き!体温よりも高く、湿度の高い環境では病弱な人、お年寄りはほんとに大変なことと思います。若くても熱中症で倒れる人も・・・ 先端技術をもって温暖化を止める知恵が出ないものでしょうか。 地球に貼る冷えピタ、ひんやりベルト、ないものでしょうか。 

昨日は、小田原の御幸が浜の花火大会でした。 屋上で食事と飲み物を用意してワーワー言いながら夏の夕べを楽しみました。 アメリカで花火といえば7月4日の独立記念日。テムズ川をはさんで真正面に花火が見える特等席、アーリントンにある友人の高層マンションで集まってワインを飲みながらお祝いしたのを思い出します。 花火ってあんなに華やかに広がるのに、さっと散る、その潔さが大好きです。

昨日までの3日間、家でゆっくり休めました。 今日からまた旅がスタート、熊本行きです。熊本のみなさん、明日、グランメッセでお会いするのを楽しみにしています。 ろみ

 

Posted at 01:14 午前 毎日のこと |

2007年8月14日 (火)

暑い毎日

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

少し間があきました。 この暑さでゆだっていたことは確かです。

8月11日(土)は明治記念館でメキキの会の11周年記念の催しがありました。 大本教の出口王仁三郎さんのお孫さんの出口光さんが主宰する全国ネットの「魂を磨く」同志の集まりです。 そこでわたしはスピリチュアル分科会でお話をさせていただきました。「スピリチュアルは特別なものではなく、現実を輝かせるために必要なもの」といつも感じていることをお話しさせていただきました。 お世話いただいたメキキのメンバーの方々の熱い想い、熱心な参加者のみなさんとともに気持ちのいい2時間弱でした。 最後のQ&Aでは「通常こういう場では決して寝ないのになぜかうとうととしてしまった」というコメントがありました。 これはよくあることなんです。 確かに眠りの妨げにならない声ではありますが、実は私の話は左脳ではなく、右脳で聞くほうが良いらしく(ウメちゃん談)左脳が活性化しすぎる方はきもちよく眠りに誘われるのだそう。でもエッセンスは毛穴からも入っていくので心配ないとも言っています。 気の流れがよくって心地よい午後でした。

その後の全体会では400人強の方々が集まり、その中には私の大切な友人たちも何人も参加。 出口光さんのお話に、限りある地球時間を有意義に生きることについて考えるいい機会でした。

さて、今、三笠書房からの新刊「気がきく女(ひと)は幸運をつかむ!」の最終原稿に取り掛かっています。もう一冊、大和出版の豊かさについての本も最後の追い込みで、暑いとゆだってばかりはいられません。 もう一息!です。

先ほど、気分転換に夕涼みがてら屋上に出てみました。今日は日中、空気が澄んでいるからか遠くに伊豆大島もくっきり見えました。そして夜は満天の星空。 涼風にあたってぼぉ~っと眺めていると相模湾に沿った茅ヶ崎のあたりからUFOが、ゆらゆら揺れながら大きく弧を描いて富士山のほうに飛んで行きました。 その後、もうひとつがそれを追いかけ、そのあと海の方向にもう一機、今日は小田原上空はUFOオンパレードでした。

明日は花火大会、またUFOも見にくるかもしれません。 ろみ

Posted at 10:09 午後 このごろ思うこと |

2007年8月 6日 (月)

大阪の高校生セミナーを終えて

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

ただいま! 昨晩、大阪の「高校生・人間力セミナー」を終えて帰宅しました。 26人の高校生、スタッフ10名、そして大人のグループダイナミックセミナー参加13名、みな無事に、そして大阪に来たときとはそれぞれに大きく変化して昨日の午後解散していきました。 一言では言い表せないくらい、いろいろな意味でとても素晴らしい体験でした。 きっとだれもが帰宅して日々しみじみと感じていくことでしょう。 一期一会、まさに出会いの妙味ですね。

3日の午後に新大阪の新幹線口で集合した時は、みんな緊張気味。「もう帰りたい」という女子もいました。 その気持ちわかります。 いくら親が望んだからと言って、まったく見知らぬグループの中に入っての3日間、かなり勇気が要りますね。 私たちを信頼してきてくれた高校生26人にお礼を言います。 ありがとう。そして毎日盛りだくさんのスケジュール、研修、ゲーム、講義、ブレーンストーミング、制作を次々こなしてくれましたね。初めて会ったのにずっと以前から友達だったような親密さ、友情があちこちで生まれていました。 研修室でのやりとり、廊下ですれ違ったり、食事で同じテーブルを囲むたびにどんどん変わっていくみなさんにこちらも触発されました!

最後のアンケートに「言葉に表せない人生で最も大事なことを学んだ」と書いてくれた人がいました。 心の向きを同じくして、3日間の時間と空間を一緒に過ごすことそのものが私たち一人ひとりの心に魔法をかけてくれたように思います。 希望と勇気、喜び、楽しさという魔法を。 自分の人生は自分のもの、自分で決めて自信を持って歩んでいってください。 

もう大丈夫!ひとりじゃない。 これからの人生、夢の実現に向うあなたには仲間のサポートがあるから!

今回の高校生セミナーを支えてくれた皆さんに心よりお礼申します。ありがとうございました。 (敬称略) 石橋由紀、大宿英介、黒田竜、小松真樹、塩田涼子、千田将人、鶴一子、永田潤子、藤井淳子、藤野雅則、山里彰、岡山・サンクリニック、沖縄・回グループ、ホシミプリントワークス、本田健(アイウエオフィス)、 そしてお心を寄せてくださった全国のみなさま

 

Posted at 10:20 午後 毎日のこと |

2007年8月 2日 (木)

台風、早く過ぎて・・。

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

明日からいよいよ大阪での高校生セミナーが始まります。 参加の皆さんに連絡を入れましたが、期待と不安でいっぱいのよう。 はじめての一人旅で大阪まで来る学生さんもいます。 九州に近付いている台風が彼らの旅をさまたげないようにと祈ります。

終戦記念日が近づいているのでテレビでも戦争関連の番組や話題が出ています。 太平洋戦争は3年8カ月だったのですね。 その間の社会状況、政情、家族、個人の感情などどうだったのか、わたしの想像をはるかに超えます。 思わず実家の父に電話しました。

「お父さん、戦争の時いくつだったの?」「十六のとき始まって、終わったのが二十歳」

父は少年飛行兵に志願し、戦闘機にのりました。訓練で一緒だった仲間の何人かが特攻隊で散っていったという話は数年前に一緒に訪れた鹿児島の知覧で聞きました。同じ生をうけても、生まれた時代背景によって自分の夢の実現の可能性は大きく違うのですね。 父も母ももし戦争がなければまったく違った人生だったことでしょう。 でもそうなれば、もしかしたら私は生れていなかったかも・・・と思うとちょっと複雑な思い。

終戦はフィリピンで迎えた父、6か月ほど山の中を仲間と逃げ回り、その後は収容所に。大変な思いで日本に帰ってきてくれたことを思うと胸が熱くなりました。数年前、父は自らの戦争体験、その中での人との関わりについて本を書きました。もう一度読み返していろいろ聞いてみようと思います。

「お父さん、ほんと大変な体験だったのね、よく生きて帰ってきてくれた・・。」「帰ってきたらあとで二人の娘に出会えると思ったからかな・・・」という思いがけない答え。

両親には感謝しても足りません。 今日の私の幸せは両親、先祖からつながっているものだと思うと家族の絆について、そして平和についてしみじみ考えました。

明日から出会う、高校生たちはこの一見平和な社会状況の中で、かなりの自由が手に入れられます。 自分を信じて夢の実現に向かって精一杯歩いて行けるよう応援したいと思いました。 

「一人ひとりの想いが世界を創る」            ろみ

Posted at 08:11 午前 このごろ思うこと |

2007年8月 1日 (水)

8月のグリーティング

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

カレンダーが8月に変わった途端、小田原は真夏日です。

先日29日の「癒しフェア」はとても面白かったです。 昨年より広くなった東京ビッグサイトの会場はゆっくりブースを見て回ることもできて、世の中にはこんなにも多種なヒーリング関連のお仕事があるのだと改めて思いました。

午後のパネルディスカッション「今、わたしにできること」はアジアからの留学生5名(中国、台湾、韓国、カンボジア、ネパール)に日本の大学生も混じっていろいろな角度からそれをれの想いを述べてもらいました。 80分という限られた時間でしたが、まずは「知ること」そして「行動すること」につながったのではないかと思います。 一緒に舞台に出てくれた学生のみなさん、忌憚のない意見をありがとう。 そして熱心に聞いてくださった聴衆のみなさん、いかがでしたか?

国籍の違う人たちと話をしていると、世界銀行時代のミーティングを思い出しました。

時には考えが異なりヒートアップする場面でも、ある考えを知っていると感情的にあとを引きません。 それは 

Let’s agree to disagree (お互い相いれないということで、お互いに納得しよう) 

というもの。 救われます。 相手をどうにかこっちに取り込もうと綱引き状態になると討論の納めどころが見つかりません。 でもこの考えを知っていれば、たとえ2,3時間話し合って決別しても、お互い理解し合って袂を分かち合うことができてスマートですね。 

こんなコミュニケーションのスキルも、明後日からの高校生「人間力セミナー」でお話しします。 男子11名、女子14名の総勢25名。 そのうち14名は高3なんですよ。受験勉強の合間にこのセミナーを体験するときっと将来の目的がよりはっきりしてラストスパートにもいいことでしょう。 会場は今月末の世界陸上の舞台でもある大阪長居。 みんなで大いに楽しんできます! 

もう一つ、今回高校生に伝えたいことは「脳の使い方」なんです。 この間の「癒しフェア」のディスカッションのときにも(ウメちゃんが)お話していましたが、

自分さえよければいい ・・・ 個人脳の考え方

自分だけでなく周りのことも一緒に考えられる ・・・・ 全体脳の考え方

社会、環境問題でも、お商売でも、人生の楽しみ方でも 個人脳的発想の人、全体脳でものを考える人がいます。この人はどっちの発想かなあと思って意見を聞くととても興味深いです。

今、地球は個人脳の個人プレー、競い合いではなくて、全体脳の団体ゲームが始まっています。 でもまだこの世は個人戦だと思って頑張っている人も多いようです。時代が変わったことに気がつかなければそのうちだれも戦う相手がいなくなっちゃうのに・・・ね。

団体ゲームはルールさえわかるとほんとに毎日が生き生きと楽しくなるものです。 8月は団体ゲームのルールについて少し考えてみようかしら。 ろみ

 

Posted at 03:57 午後 月初めのグリーティング |