« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月28日 (日)

渡邉美樹さんにお会いして

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

昨日のつづきです。

昨日は、午後から文京区にある郁文館夢学園にて理事長の渡邉美樹さんと文化講演会での対談でした。お会いした第一印象はとってもすがすがしい方で、テレビで拝見していたとおり、いえそれ以上の好印象。一目でお互い何か共通なものを感じたようでお会いしてすぐ話題はと~っても盛り上がりました。 その場に同席されたみなさんも驚かれたことでしょう。不思議ですが、ずっと昔からの友人のような気がしました。 

渡邉さんは、私がお送りした「100人の村に生まれたあなたへ」を何度も読んでくださっていて、その文庫本はあちこち赤線と質問したいポイントがぎっしり書き込んでありました。それってとっても嬉しかったです。 講演のまえの15分ほど、お茶をいただきながら、いくつものピンポイントの質問をいただき、ウメちゃんも即答でお答えしました。すごいスピードのキャッチボールです。 いい緊張感とエクサイトメントの密度の濃い時間、すっかりエネルギーパワーチャージされました。

お話は学校教育から老人福祉まで幅広く飛び、わたしが沖縄で関わっている来年3月オープンの老人ホーム(そろそろこの名前どうにかしなくてはなりませんねぇ。ピンときません)の話へ。 渡邉さんはその道の大先輩ですから、老人福祉に対する思いにすっかり意気投合しました。 来年、沖縄に講演に行かれるとのこと、そのときに沖縄でお会いすることにしました。大先輩から3月にオープンの「美里の杜・カシータ」にもいろいろアイディアをいただけそうです。

その日、郁文館、中学高校の来年の入試希望者への保護者説明会が午前中にあったそうです。体育館を埋め尽くす1800名の方々がご参加だったとか。やはり渡邉さんの志の高さに共感する学校教育に大きく期待するかたがたは多いのでしょうね。彼は単なる名前だけの理事長ではなく、実際にハンズオン(直接のかかわり)の方。 想い、言葉、行動がぴったり合致したすばらしいリーダーとお見受けしました。 出会いに感謝、出会いのきっかけを下さった吉田一美さんに感謝、です。

まだいろいろ書きたいのですが・・・・・、ここ岡山での今年最後の「大洋のゆたかさ」セミナーです。そろそろ出かけてきます。 昨日のパワフルな邂逅のあとで今日のセミナーもとっても盛り上がる予感! (昨晩は講演後、のぞみで岡山へ。心友と語りあいながらあっという間の3時間半でした。時間って楽しいと飛ぶんですねえ)

今日もいい秋の一日を! ろみ

Posted at 07:46 午前 毎日のこと |

2007年10月27日 (土)

今日は学校にいきます

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

台風が近づいているようですね。 雨がいい感じで降り注ぎ、木々の緑を磨いてくれています。

今日は、久々に学校での講演です。郁文館 夢学園という東京文京区にある高校での文化講演会にお招きいただきました。 ここはワタミの社長の渡邊美樹さんが理事長をされているところで、人間形成に力を入れている学校です。 今日の午後の保護者向けの講演の後半は渡邊理事長との対談になっています。  

わたしは以前から渡邊さんに大変興味をもって注目していました。ポリシーをしっかり持った経営をされているかたで、若い人たちの教育にも熱心で、ソーシャルリースにもつながる世界と未来に目を向けた動きをされているからです。本当はわたしがインタビュアーになっていろいろお考えを伺いたいところです。

今日の講演会のきっかけは友人の吉田一美さんが保護者会に私を推薦してくださったのです。また、今年の夏の大阪で主催した「現役高校生・人間力セミナー」にはこの高校在学中の息子さんも参加でした。 自分が知りえた人生を充実して幸せに生きるコツを、是非とも若い子どもたちに早いうちに伝えておきたい、という熱望は多分、渡邊さんと共通の思いでしょう。 新しい出会いを楽しんできます。 

そしてその後はのぞみで岡山へ直行ですが台風をうまくかわせそうです。

明日は、岡山のアイナリーホールで今年最後の「大洋のゆたかさ」一日セミナー。「お金持ちマインドの育て方」のもとになったこの研修も今年も東京、仙台、沖縄、岡山、大阪と各地を回り好評でした。ありがとうございます。 来年も!というリクエストでいま候補地を探しているところです。 ろみ

Posted at 09:45 午前 毎日のこと |

2007年10月26日 (金)

日経新聞に広告が

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

今日は「お金持ちマインドの育て方」が日経新聞・全国版の書籍の広告に載りました。出版社から連絡をいただいて嬉しかったです。この本は、ビジネス書のコーナーにおいてあることが多く、はじめて私の本を手に取られる方々からもHPにお声をいただいています。 ありがとうございます。 でも自分の顔が本の帯にあるというのはちょっと気恥ずかしいものですね。

CDつきのコミュニケーションの本もそろそろ店頭に並ぶそうです。 どれもこの夏、とても忙しい時間を合間をぬってよくぞ完成させたと思うものばかりです。 忙しい時って時間が効率よく流れるのかもしれません。

今日は午後から東京に新しい本の打ち合わせに行ってきました。事務局をお願いしているJIKKプロジェクトは勝どき橋のすぐ横の高層ビルにあります。 33階のオフィスの眼下には新しく開発されつつある光景が広がり眺めは抜群です。 ミーティングもとてもスムーズでした。 新しい出版社との新しいコラボが楽しみです。

あいにくの雨でタクシーも長蛇の列、やっと乗り込んでも道が混んでいたのですが、運転手さんとの会話がとても楽しかったです。タクシー会社30年勤務、奥さまに先立たれてから男手ひとつで3人のお子様を育てたのだそうです。「でも会社の仲間がみんないい人たちで、その人たちに世話になって子供たちも大きくなった、今はその恩返しもあって、会社の若い人たちを家に呼んでいろいろ面倒みている・・」 

運転手さんと意気投合したのは、仕事はやっぱり仲間が大切!ということ。お金でも、世間体でも、ネームバリューでもなく、あたかもファミリーのようにケアしあえる仕事仲間に囲まれたら幸せ・・・ということでした。

帰りの運転手さんとは、クレーマー(苦情好き)のお客さんの困った事例の話でした。いろいろな人がいるものです。 今日は行きも帰りもタクシーの運転手さんとの会話がはずみました。 さすがお仕事柄いろいろな人を観察する眼をお持ちのようでした。  ろみ

Posted at 09:15 午後 毎日のこと |

2007年10月25日 (木)

翻訳に夢中です

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

沖縄から戻って以来、翻訳作業に没頭しています。 「原稿書きのために自宅に缶詰めになる」って感じ、結構一人で気に入っています。今日の作業場所は一階のサンルームにしました。 おひさまがいっぱいで気持ちがよいのです。 昨日から外出は極力控え、集中しているのですが、「翻訳の神様」は調子よくお出ましになっても、時々席をはずすのです。その度にわたしはお茶を作りに行ったり、洗い物したり、花に水やりをしたり、雨乞いならぬ「神様乞い」で、またスイッチが入るのを待ちます。 あっ、来た!って思ったらすべてを投げ出しサンルームにGO!です。

初めての翻訳の本はロビン・シャーマの「The Monk, the Surfer and the CEO」、邦題は未定ですがたぶん「3人の賢者」でしょう。 ビジネス社から出ます。 これは一度、9月にイタリア、イギリスにもって行ってあちらでも書いてきたので、過去のブログでも大騒ぎをしたと思います。が、一度仕上がったものを改めて見ると、もっともっと読みやすくしたいという欲求にかられ、編集者の武井さんに無理を言って締め切りを延ばしてもらいました。今、突貫工事中です。沖縄からの帰りのJALの中では、作者のロビンが、というより主人公のジャックがわたしに乗り移った(?)感じなのです。 何度も手を入れた原稿をまた新しい目で眺めて立体的にいろいろ工夫して訳しているのです。なんと、文中には私が大好きで、10年近く前から翻訳して発表していた「浜辺のあしあと」のくだりもあるんですよ。 シンクロでしょ。

このエネルギーの高まりは多分12日から先日まで続いたアランコーエンさんとのジョイントのおかげだと思います。あることに集中するとそこにはすごいエネルギーが生まれ、触発されて、別のルートのドアがどんどんあいて行くって感じです。VORTEX 渦巻の勢いってことですね。 わたしだけじゃありません、沖縄でお手伝いくださった心友の皆さんにもすごい変化が起きているようです。(アランさんのジョイントにご参加の皆様からHPに寄せられたお声は近いうちにHPにてアップします。)

その勢いにつられて、今週末に発売のCDつき新刊「好かれる人、嫌われる人の話し方」あさ出版の見本が届きました! さっそくCDも聞いてみましたが、客観的に聞いても面白い! 夏の暑い日に、フーフー言いながら神保町にあるスタジオにCD録音に行ったことがついこの間のことのようです。この中の男性ナレーターとの夫婦の会話が面白くて聞くたびに笑っちゃっています、とくに”おでん”の話が・・・

002

もうすぐ翻訳の神様が戻ってきそうな気配、それではしばし失礼します。 ろみ

Posted at 12:00 午後 毎日のこと |

2007年10月22日 (月)

沖縄からこんにちわ

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

さきほど、成田経由でハワイに戻られるアラン・コーエンさんとディーさんを那覇空港にお送りしてきました。 18日の沖縄イブニングセミナーのあと、昨日まで、3日間のマスタリートレーニング、大変盛りだくさんのスケジュールで、たった数日間とは思えません。夢のような日々でした。 通常はアランさんは1週間のマスタリートレーニングをハワイなどで開催されています。 それを3日間に凝縮して、わたしのセッションも合わせてのジョイントセッション、とても深く充実したものでした。

場所もEMホテルコスタビスタでとても環境の整ったすばらしいホテルで研修には最適なロケーション。 時間を見つけて隣接のスパでアランさんも私たちもマッサージを受けたり、とってもリラックスできました。

参加されたのは33名、沖縄の地元の方々と、20数名の本土からの参加者が人生の大切な3日間を共有した貴重な時間と空間でした。その場でも、またそれぞれの場所に帰ってからもきっと静かな感動が続くことでしょう。 

アランさんの言葉に「罪悪感は人間が発明したもの、もともとはなかったもの」というのが印象的でした。そうですよね、幼い子どもに罪悪感なんてありませんね。社会適合していく過程でいつの間にか私たちは不必要なたくさんの”罪悪感”を身にくっつけてしまったというわけです。 それらをブルぶるっとふるい落として子どものころの無邪気さに戻りたいものです。

そこではマジカルなことがたくさん起こりました。とてもとても言葉には言い尽くせません。そこでご一緒したみなさん、そして特に、4日間すばらしいサポートをしてくださった又吉千恵子さん、新里聡さん、宮里啓さん、島袋真理子さんたちの沖縄のスタッフチームのみなさんに心から感謝です。 また大阪から駆けつけてくださったブレインの永田潤子さん、ありがとう。

このままずっと沖縄に居ついちゃいたいなあ・・・と思いながら、翻訳の締め切りを抱え、明日戻ります。 ろみ

Posted at 02:53 午後 毎日のこと |

2007年10月15日 (月)

おまちかね、ザ・シークレット!

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

東京でのアランさんとのジョイントのあと、ちょっと一息しました。(アランさんはこの土日に2日間の東京でのワークショップ。時差もなんのその、そのバイタリティーに脱帽です。素晴らしい時間、空間だったことでしょう)

そして、明日はいよいよ大阪でのジョイントイベントです。 300名余りの方が明日の夕方セミナータイトルの「ロジカルからマジカルへ」を聞かれて、マジカルワールドを体験されることでしょう。 わたしも出会いと、セミナーの展開をとっても楽しみにしています。 お世話くださるハーモニーグレースの松川ひとみさん、お手伝いのみなさん、ありがとうございます。

さて、先日の東京の会にもお越しくださった、尊敬する山川紘矢、亜希子ご夫妻の新刊のお知らせです。

それは 「The Secret」 ザ・シークレット

昨年12月、ワシントンDCで親友のソニアがこのDVDを用意していてくれました。「すごい内容よ!とにかく一緒に見て!」 きれいな映像、そしてわくわくするかつ分かりやすい内容でした。 「そうそう!それそれ!」と感嘆しきり。 これ一本見たら人生が変わったという人が世界中にたくさんいるに違いないと思います。 私もその一人・・・ というより、ウメちゃんがこの20年間小出しに、細切れに教えてくれていたマジックワールドの秘密が一挙に解明されたという感じ。 あっぱれ!ものでした。 その本が日本では山川ご夫妻の手によって翻訳されたのです。発売を楽しみにしています。この冬、日本はシークレットブームが起きることでしょう。

今日届いた、山川紘矢さんのメルマガからの抜粋です。

(引用はじめ) スピリチュアルということの本当の意味は「自分を知る ということにつきるのではないかと、僕は思っています。

さて
、「ザ・シークレット」それは『引き寄せの法則』です、という本の発売日
は10月29日です。

何か、待ち遠しいような気がします。はたして、「ザ・シークレット」を読んで、
ああ、今まで自分の人生に起こったことは、すべて、自分が引き寄せていた
のだ、とどれだけの人々が気がついて、人生が変わるのか、それが待ち遠
しい気がします。「ザ・シークレット」が気づきの本になってくれるといいな、と
願っている今日この頃です。
                   (引用おわり)

思い出しました。

以前アメリカにいたとき、当時のメガベストセラー Celestine Prophecy「聖なる予言」を読んでこれはぜひ山川さんの翻訳で読みたいと思いご連絡したら、もうすでに翻訳作業に取り掛かっていらっしゃいました。 翻訳ものはほんとに翻訳者の感性でできあがりが大きく違うものです。 

私も今、最初の翻訳本の最終チェック段階。 大きな原稿の束を明日からの大阪、沖縄ツアーに同行させて完成させるつもりです。 少しでも山川さんのexcellent work にあやかれますように・・・

では、大阪、そしてアランさんとのジョイント最後の地、沖縄まで元気で出かけてまいります。 旅先からブログアップ、トライしてみます。 ろみ

 

Posted at 10:08 午後 毎日のこと |

2007年10月13日 (土)

東京講演会

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

昨日の東京でのアランさんとのジョイント講演会、たくさんの方においでいただきました。

   ありがとうございました!

おかげさまで2度目のアランさんとのジョイント、ピアノの演奏から始まって最後まで会場にとてもいい気が満ちていました。

アランさんのメッセージ「人生がロジカルからマジカルに変わっていくと思いもよらない展開になる。でもマジカルな中にも実は(宇宙の)法則性がある」に納得でした。 たとえば引き寄せの法則や想いの法則などは確かにマジカルな生き方の中に存在するものですね。それにしてもアランさんのたとえ話には本当に引き込まれます。昨日もいくつも披露してくださいました。

わたしは「これからはロジックだけでなく、マジックの領域も使って生きることが面白い。そしてそれは誰でもできること。ロジックだけに頼る生き方に少し休みをあげて・・・」 ウメちゃん全開で、どんどん流れてくる言葉を口にするのにちょっと早口になってしまったかもしれません。ウメちゃんの特徴も3つあげていました。 昨日デビューの「ウメちゃんにであうCD」を聞いてみた方いかがでした?

二人のトークをまとめてくれた穴口恵子さんのミニ誘導瞑想もパワフルでした。 会場では涙が出て止まらなかったという方もいらっしゃいました。 講演会が一瞬にしてマジカルワールドになった瞬間でした。

会場には男性もとても多かったのはアランさんとのジョイントの特徴でもあります。Q&Aもいろいろあって盛り上がりました。 がんばりすぎの自分をどう変えていったらよいか、自分を大切に、そう頑張らずに生きている現状、でもこのままでいいのか、日本もアメリカも組織というとやはりヒエラルキー(上下社会)、それについてどう思うか・・・などでした。

昨日はお越しくださった、翻訳家の山川紘矢・亜希子さんご夫妻、「ユダヤ人大富豪の教え」の本田健さん、エッセイストの佳川奈未さんはじめ友人のみなさんともゆっくりご挨拶したかったのですが、時間がなくて残念でした。 ごめんなさい。

今日から2日間がアランさんの「どれだけ成功を手に入れたいか」というワークショップが開かれています。きっと今頃みんなどんどん可能性を広げていることでしょう。  次回のジョイントは大阪16日です。

PS。 わたしはMidas Touch (マイダス・タッチ)がほしいなぁ。 ろみ

Posted at 04:02 午後 講演会情報 |

2007年10月12日 (金)

いよいよアラン・コーエン ジョイント開始

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

今晩、7時から東京でアランコーエンさんとのジョイント講演会です。

アメリカのベストセラー作家のアランさんとは昨年5月のジョイントツアー以来、2度目です。昨日、東京で再会しました。 アランさんもパートナーのディーさんもますますお若くなられたようで1年半の間があいたなんて思えないくらいでした。 アランさんは初めて会った人もすぐにあたたかく迎え入れられるオープンハートの持ち主。 加えて通訳&コーディネートの穴口恵子さんの無邪気さも加わると、そこには幸せ玉、愉快玉がポンポンと飛んでいる感じです。今晩は牛込神楽坂あたりがたいそう盛り上がりそうです。

今年のテーマ「ロジカルからマジカルへ」

理論や建前だけではよのなかを大きく前進させるには時間がかかります。そこで必要なのがマジカルな力、つまり論理をこえた見えない力(=スピリチュアリィ)というわけ。 

これからの世界には「リアリティとスピリチュアリティの両輪が必要」

な~んて話になるのでしょうか、今晩のセッション。 何をお話しするかはウメちゃんのお仕事なのでまだわかりません。 その場の気を読んで自動的にスイッチが入ります。 だから本人のヒロミサンの部分はアランさんとの掛け合いをとても楽しみにしています。 え? 今日のヒロミサンの部分の役割? それは無事に会場までウメちゃんを届けること、それに午後のヘアメイクや服のコーディネートです。 いつもこんなふうに仕事の分担はきっちりしています。

今日のジョイントは2時間ノンストップですが、最後にはQ&Aタイムがあります。毎回アランも私もこれをとても楽しみにしています。 もし、あっ、今日時間がある!と思った方はまだ間に合います。7時に牛込箪笥区民ホールでお会いしましょう。 詳細はHP www.romi-nakano.com/で。

086 今朝の小田原は上天気! でも札幌辺りは雪が降りそうなんですって。 来週行く沖縄ではまだ泳げそうだし・・・日本はほそなが~い国ですね。 ろみ        (写真は昨年のワークショップで)

Posted at 10:35 午前 講演会情報 |

2007年10月 8日 (月)

大阪トークライブでした

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

昨日は大阪でのトークライブでした。 

お越しくださったみなさま、ありがとうございました。(小田原から用意していったハロウィーンのキャンデーが足りなくなっちゃった方、ごめんなさい) 半数近くが初めて参加される方々でした。最近の本を読んでくださったり、HPの情報を見て、あるいはお友達からのご紹介で来てくださったようです。「ウメちゃん」のことを初めて耳にされた方もあったと思います。 後半のQ&Aではキャリアプランニングや人間関係などいろいろな話題が出ました。 人の話の中にも自分にビンビン響く内容があったとおっしゃる方が多いのですが、それはどんな話も自分の人生に取り込む能力があるということなんですね。

昨日は最初からとても不思議な感じでスタートしました。 原稿や準備のない、その場で流れてくるインスピレーションでお話をするいつものスタイルでしたが、いままでとはちょっと違う感覚で新鮮でした。ひとつの話の中にいろいろな次元があり、目の前の日常の出来事と宇宙の法則があっちこっちでドッキングしていました。 3時間があっというま、時間がワープしたようでした。 わたしのウメちゃんも来年からの活動に関して何かしっかり覚悟したようです。

これも9月のイタリア・ダマヌール、イギリス・グラストンベリー効果かもしれません。会場が一体となって楽しかったです。中には北海道から日帰りという方もいらっしゃっいました。フットワークの軽さはこれからもっと大事になってきます。「え~、それは無理」ということは、その人の思い方次第でどんどんなくなっていくのだと思います。

● 16日(火)の夕方は再び大阪です。アランさんとのジョイント(10月4日ブログ)があります。 今日の午後、成田に帰国した穴口恵子さん(アランコーエンジャパン)ともお話しして盛り上がりました。、このツアーはますます面白くなりそうです。 ハーモニーグレースのみなさん、どうぞよろしくお願いします。  

● 大阪での2007年シーズンのトークライブは昨日で終了しましたが、まだ岡山のトークライブ(10月29日・月)がありますよ。臨場感を楽しみたい方、ぜひどうぞ!(詳細HPに)

Posted at 11:54 午後 講演会情報 |

2007年10月 4日 (木)

アランコーエン・ジョイント12日

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

先日の小田原の地震の折には、皆様からの地震見舞いメール、電話、どうもありがとうございました。びっくりして飛び起きましたが、被害はまったくありませんでした。ご心配かけました。

★ 2週間前に発売された「お金持ちマインドの育て方」がもう重版がかかりました。とてもうれしいです。もう読んでくださいましたか? 今までの本の集大成のようだと言ってくれた人もいます。お金との向き合い方が変わったという方も・・・ ありがたいフィードバックです。初めての顔写真付きの帯なので、ちょっと恥ずかしい・・。ビジネス書の分野にも置かれているようです。

★ さて、来週の金曜日の夜は2007年版、アランコーエンさんとのジョイント講演会のスタートです。082

アメリカのベストセラー作家アランさんとは昨年に続いて2回目のジョイント。 アランさんは通常フィジー島に住んでいるので一年ぶりの再会です。彼はアメリカでもとても有名で講演会は大人気(HPのプロモビデオは見ごたえあり)。 彼はそばにいるとホッとするあたたかいお人柄でQ&Aにもとても丁寧に答えてくれる方ですよ。あ・うんの掛け合いで進める講演会は即興で一緒に作曲をしていくような面白さです。

今年のテーマは「ロジッカルからマジカルへ」 論理性の左脳からひらめき、直観の右脳までカバーする内容です。 きっと「あ~そうだったんだ」と日頃の疑問がいくつも解き明かされるはず。 ぜひ、二人のライブを見に来てくださいね。 昨年に続き後半の質疑応答が白熱しそうで今から楽しみなんです。 

お知らせはHPに詳細がありますhttp://www.alancohen-japan.com/

● 10月12日(金) 19:00~21:00 金曜のデートにも、会社の帰りにもOK.  

   東京 牛込箪笥(たんす)区民ホール (大江戸線牛込神楽坂駅上) 

   参加費: 6800円(二人以上割引あり)

   この日が新発売「ウメちゃんに出会うCD」のデビューの日!

● 10月16日(火) 19:00~21:00

   大阪 クレオ大阪西 (西九条駅下車3分) 

● 10月18日(木) 19:00~21:00

   沖縄 EM ウェルネスセンター・ホテルコスタビスタ

Hall04 それから・・・

東京でのアランさんの2日間のワークショップ(13,14日)に続いて、沖縄では私も加わって2人で3日間のマスタリートレーニングコース(19日~21日)も開催します。今、準備を楽しんでいます。「お金持ちマインド」のことも「引き寄せの法則」も盛りだくさんになることでしょう。 イタリアでもイギリスでもこの日のために幾つものヒントが降ってきていました。お楽しみに!

今日は、Hulaの個人レッスンの日でした。夏の間は旅が多かったのでしばらくレッスンの間があいたため、基本ステップからのおさらい。 集中していても手足と腰のうごきが一緒にならずにモタモタ。でも90分のレッスンの途中に毎回、あれっと思う瞬間があるのです。まさにロジックからマジックにスイッチが入る瞬間が。すると細胞をマッサージされたような不思議な快感を体験します。 でもほんの数秒なんですけれど・・・。 自宅までお越しくださる亀田先生、ちっとも上達しないでごめんなさい。 ろみ

Posted at 10:45 午後 講演会情報 |

2007年10月 1日 (月)

10月のグリーティング

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

今年も残すところあと3か月になりました! 暑さにフーフー云っているうちにカレンダーは次々にめくられてここまであっという間でした。

今日はユダヤのカバラ数秘学に詳しい友達が来ています。ユダヤの大富豪たちはこの学問を日々の生活、政治、仕事に生かして成功しています。

彼女によると今年2007年は「9」の年で「完結、振り分け、整理整頓、完了」の年、まして今年は亥年で十二支でも最後の年、二つが重なったとてもまれな年です。社会情勢を見てもわかるように最後の振り分けの「激動」の年になっていますね。 それは2008年の「1」の年(始まり、発展)に向けての準備が起こっているともいえます。

特に先月9月は「9」のエネルギーが強く、最後に際して、個人にとっても世界にとってもお試しの多い月だったと思います。 さて、今月10月は「1」のエネルギーが加わって、それは来年に向かっての本格的準備期間がスタートしたそうです。 残りの3か月でしっかり来年に向けて準備を整えましょう。 

そこで・・

わたしも今月のメッセージの代わりにダマヌールのタロットを読んでみました。 (渦巻き型に8枚のカードを引きます。ピンクが引いたカードです。カッコ内がウメちゃんのコメントです)

1) これまでの学び Forgetting 忘れること (今までの古い慣習、しがらみは忘れること)

2) 現在の学び Yes/Positive 肯定性 (起こる出来事に対して肯定的にとらえて対処すること)

3) 将来・未来の学び New 新しいもの (今までの延長上にない新しい生き方まなぶこと)

4) サポートとなるもの Awakening 覚醒 (目に見えないものにも目を向けること)

5) 理解が増すもの Bringing closer 近寄ること (現実世界とスピリチュアリティの融合)

6) 心から欲するもの Contrast 対比 (周りの出来事をしっかり区別、識別すること)

7) 次なるアクションのヒント Synchronicity シンクロニシティ (日常にある意味のある偶然を見逃さないこと)

8) 結末は? Waiting 待つこと (準備をして2008年の始まりを待ちましょう)

ーーーー こんなん、でました。

残りの3か月も実りの多いものになる予感がします。楽しみですね。 ろみ

Posted at 12:26 午前 月初めのグリーティング |