« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月29日 (火)

スペシャルオリンピックス大阪大会

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

日曜日、大阪に日帰り出張してきました。 NPO法人スペシャルオリンピックスの2010年の大阪大会の準備委員会に出席のためです。 知的発達障がいの方々がスポーツを通して社会ともっとかかわりを深くする目的のスペシャルオリンピックス。 ブログでも時折ご紹介していますが、2年前から、理事として関わらせていただき、今年からは専務理事をさせていただいています。 

この活動はまさにソーシャルリースと繋がっています。 ソーシャルリース(社会の環)はどんな状況の人々も一つの環につながることができれば、それぞれの多様性を生かしてより心豊かな生活を送れるシステム。 

スペシャルオリンピックスではアスリートと呼ばれる競技者たちが、それぞれの能力を発揮して各種の競技に参加、またそれをサポートするボランティアのコーチ、トレーナーさんたち、それぞれが一緒に活動することによってお互いに得るものがたくさん生まれる相乗効果です。 関わる人たちはアスリートたちのまっすぐな生きる姿勢に忘れていた心を思い出させてもらっているといいます。

去る3月には冬の山形大会が成功のうちに終了しました。 次回は2010年11月5日~7日の大阪大会です。 2000名近いアスリートたちが参加するであろう大きな大会になるため準備が今から始まりました。 単なる一大会を成功させるのではなく、この機会に多くの人にスペシャルオリンピックスを知ってもらうことで認知度を上げ、お互いの助け合いを通してもっと心豊かな社会を創っていく・・・大きな夢が広がります。

身体に障がいを持つ方々のパラリンピックは誰にでも知られていますが、スペシャルオリンピックスはまだまだです。 でもこれからわたしもあちこちでお話ししていきたいと思います。 ちなみに、今年からメダリストの有森裕子さんが理事長に就任しました。 1県をのぞく日本各地に活動拠点があり、アスリートとコーチたちが毎週練習を重ねています。皆さんも是非、関心を寄せてくださいますようお願いします。

● 6月28日(土) 仙台 午後7時~9時 仙台駅最寄りのアエルにて スペシャルオリンピックス日本・宮城主催の講演会を開きます。 テーマは「楽しむってすばらしい!」 どういう状況、環境においても、それぞれがそれぞれの人生を楽しむ心の持ち方、考え方など楽しくお話ししたいと思っています。詳細は近いうちにHPに載せます。

≪友達ネットワーク≫

● 以前ブログでもご紹介した東京のソフィア・ハーモニーカレッジ(植物療法)を主宰する池田明子さんが、東京で第一回目のソフィア・フィトセラピーフォーラムを開きます。 面白い企画ですよ。 5月24日(土)新宿文化センター 詳細は http://www.sophia-college.jp/event/

● まだ珍しいライアーというシュタイナー教育の竪琴奏者、三野友子さんのクリスタルボウルとのジョイントコンサートがあります。 5月31日(土)14時から 東京乃木坂 聖パウロ女子修道会聖堂にて お問い合わせ ドルフィン・ハーモニー(三野) dolphin-mino@ninus.ocn.ne.jp 03-3394-8673

Posted at 01:54 午前 毎日のこと |

2008年4月22日 (火)

旅の道連れ

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

仕事がら、旅が多いのですが、旅行好きな私には移動は楽しみ。 

この春から、小田原にとまる新幹線「ひかり」も本数が増えました。 ひかりでは小田原の次は名古屋、たったの1時間10分、新大阪までも2時間半です。 ますます便利になってごきげんです。 上りは東京までだって38分ですから。 世銀に行く直前まで(93年)は東横線の新丸子に住んでいました。 距離は遠いものの、東京から渋谷経由で新丸子に帰るより、新幹線で小田原に帰るほうが近いというわけです

10年前のワシントンDC、さて、日本はどこに帰ろうかなと思ったとき、「お・だ・わ・ら」というウメちゃんの声を聞いて、迷わず、誰一人知ってる人のいない小田原に引っ越してきました。 以来10年半近く小田原の住人です。 小田原では代々小田原に暮らしていない人は「旅人」と呼ばれているそうですが・・・・ 小田原は人も土地も大好き、とても住みやすい場所です。 ウメちゃんの唐突な(?)ひらめきに感謝です。

新幹線も利用がとっても便利になりました。 今までは携帯電話で列車を予約して、駅の機械にエクスプレスカードを通してチケットを購入していました。 それが先月にはICカードができて、エアラインの最新式ステップ方式同様、チケットの購入もなく、そのまま改札口でICカードをかざしてスイスイ入ります。 楽ちん!

旅でもう一つ気に入っているもの、それは駅弁です。 最近お気に入りの幕の内弁当は、東京や大きな駅には必ずある「日本の味博覧」千円です。 懐石料理のなだ万に24年も勤務していた調理長さんが監修した内容で、とても薄味ながら一つ一つしっかり味付けがしてあってちょっとリッチな気分になれます。 おしながきには、厚焼き玉子、白ごま豆腐、さわら西京焼き、若鶏八幡巻き、タラの芽うす衣揚げ、おたふく豆甘露煮、味付けこごみ、季節の野菜旨煮、などなど・・・う~ん、美味しそうでしょ。 是非お試しを!

 

Posted at 11:48 午後 毎日のこと |

2008年4月16日 (水)

システムダウン

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

度々ごめんなさい。 ロミコミのシステムダウン、未だ復旧待ちです。 復旧次第、ロミコミ配信します。 少しお待ちください。

システムはあまりにも便利で、それに慣れすぎて、時々ダウンされると本当に“お手上げ”状態です。 でも考え方を変えれば、壁にぶつかったとき、壁を直進するのをやめて、横にずれて新しい活路を見つける好機かもしれませんね。 そういうのを水平思考というのですね。 

以前、ディズニーの教育機関での研修では「Low Tech, High Touch」を心がけていると教えてくれました。 あんなにハイテクを尽くしたディズニーなのにローテクとはどういうこと? と思いますよね。 それはいわゆる高性能のシステムを上回る”ハイタッチ”、つまり人と人との心のふれあいをもっと大切に ということでした。 さすがです。 

システムによりかかってばかりいてはハイタッチがおろそかになりますね。 考えようっと。

その便利になった高性能のシステムに関して笑い話を一つ。

少し前に矢沢えいきちさんが「お宅のテレビ地デジ対応なのに、まだ地デジで見ていないの?」というようなコマーシャルがありましたね。 まあ、もったいない話、と思ったらそれは我が家でした!(笑) 我が家は小田原の小高い丘の上にあります。 FMのJウェーブの電波も入りにくいし、時々、お客様の携帯も入りにくいことも。 そこでここはハイビジョンは入らない地区って勝手に思い込んでいたのです(大笑い)。だからAquosなのに地上波でこの1年あまりも見ていました。 きれいに見えないけれどまあ、しょうがないって。もったいない話。

先日別件で近所の電気屋さんに来ていただいた折に調べてもらいましたら、家全体の配線が古かった(?)とか。 今日、すっかり直していただいて、我が家は急に画面のきれいな映像が見られるようになりました。 やった~~! 地デジ、本当にきれいですね。 でもあまりに鮮明に見えるので、出演者はメイクアップ大変でしょうね(大きなお世話でした)

明日の朝は、ロミコミシステムが復旧していることを祈ります。 ろみ

Posted at 10:02 午後 毎日のこと |

緊急お知らせ

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

今日のロミ・コミは配信会社のシステム故障のため、送ることができないそうです。 今、配信会社からシステム担当者に連絡がありました。

わたしが昨日のribbonバースデーで騒ぎすぎてダウンしているわけではありませ~んwobbly、ご心配なく! そして、昨日は全国からたくさんのバースデーメッセージ、ありがとうございました! 感激です、励まされました。

今日はブログにて携帯配信のメッセージをお届けします。

≪ロミ・コミ 4月16日≫

Hello ロミです。 今日のキーワードは 「let it go  それでよいとする、それ以上問題にしないこととする」 です。 物事の白黒をはっきりさせないといけない性分の人にはちょっとしたチャレンジですね。 物事は突き詰めて詳細まで解明することも必要な時もあれば、あるところで線引きをして、それで納得することも大事です。 その辺のさじ加減が上手に対処できる人と、そうでない人とでは長い間の人間関係、信頼関係に大きな差が出ますね。 今日は「それでよいとする」ことの潔さを体験するチャンスです。 いつまでも引きずらずにそれはそれでよしとして、前に進みましょ。 

≪4月16日がバースデーの人≫

折角のバースデーメールがあなたの携帯に届かないなんて残念。 このブログからあなたにバースデーメールを送ります。

ロミ・コミご登録の全国の4月16日生まれのみなさまへ、

「お誕生日おめでとうございます。 今日はこれからのあなたの人生にとって特別な一日になるはずです。 「何かが始まる日」の予感。 大いに楽しんでください。 この一年が幸せに満ち溢れたものになりますように。 ロミ」

Posted at 12:22 午前 毎日のこと |

2008年4月15日 (火)

誕生日を迎えて

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

ここ数年、自分のバースデーにはいろいろサプライズを企てています。 昨年は、事前に友達とパーティをすると話しておき、実家に電話。 「ロミです」 「えっ、どうしたの? パーティしてるんでしょ?」 「ちょっと玄関開けてみて」 玄関には大きな花束を持ったわたし 「生んでくれてありがとう~」 何年か前に ”バースデーは両親に感謝する日” と聞きました。 それ以来、ありがとう~が自然に言えるようになりました。  でも、はじめて口に出した時は照れちゃいました。 いつも心に思っていても口に出すって勇気が要りますね。

今年も実家に突然の訪問。 母にはプレゼントと「生んでくれてありがとう~」のカード、 父にはプレゼントと「お父さんの娘でよかった~」のカード。 実はカードを書いていて本当にしみじみ幸せを感じました。 なぜなら、手渡しできる両親がいて、心身ともに健在で、お互いの親子の縁を喜びあえる・・・ それだけで宇宙に向かって大きな「ありがとう~~」でした。 と、同時に、あと何回この情景に出会えるんだろう、と思ってちょっとセンチになりました。

今、最終校正中の新刊「宇宙とつながる仕事術(仮称)」(ビジネス社)の中に、父とのくだりがあります。 スパルタ教育で、厳格な父が嫌いで、気詰まりで、「誰か早くお嫁にもらってこの家から私をさらって行ってくださ~い!」状態だった若い頃の話(笑)。 それも今では懐かしい思い出。 正直、父とは相いれないまま人生を送る(終える)んだろうなと思っていました。 それが今ではいい友、信頼できる話相手になるとは。 人生は面白いですね。 きっかけ? それは私が瞑想を始めたというだけの話。 まさに「私が変わればまわりも変わる」です。 

今年の誕生日のサプライズは、最近ご縁をいただいた素敵な方々を箱根にご招待して、桜がまだ見ごろの「強羅花壇」でのおしゃれなランチです。 それも何の日かは内緒、です。 今年の誕生日はきっとこれからの人生の大きな節目になると予感したので、こういう場を思いつきました。 サプライズってなんか楽しいですね。 わくわくドキドキします。 今後わたしと、チームや仲間がかかわるであろう大きな活動の話になることでしょう。 早くここでもお知らせしたいです。

「今日はわたしの残りの人生のはじまり、第一日目の日」 

人生ますます面白くなってきました。

● 講演会お知らせhttp://www.romi-nakano.com/kouenkai.html 

4月20日(土) 大阪で永田潤子さんとのジョイントがあります。

5月10日(土) 初めての東京でのミニーレクチャー。 久しぶりの東京ライブです。

5月18日(日) 大阪での2回目のミニレクチャーです。前回キャンセル待ちだった方々、ごめんなさい。今回は是非!

5月26日(月) 岡山での2回目のトークライブです。 トークライブは今年はここだけです。

5月29日(木) 岡山県立大学で無料講演会があります! 「ホスピタリティ・マインド」http://www.romi-nakano.com/kouenkai/080529.htm

● 今年の夏の高校生セミナー(8月12,13,14日)、ダイナミックセミナー(同時期) ご参加予定のみなさん。  詳細もうちょっとお待ちください。 今週中にはHPに更新します。

  

Posted at 12:34 午前 このごろ思うこと |

2008年4月 7日 (月)

Are you having fun?

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

只今、4月7日(月)の明日9時過ぎに配信される携帯メール「ロミ・コミ」のメッセージを登録しました。 

今日のキーワードは 「Are you having fun? 楽しんでる?」 私の好きな言葉です。 以前、イギリスやアメリカにいたころ、みんなで出かけると車の中や、歩いている途中にでも 誰かがこう問いかけます。 「Are you having fun? 」 するとみんなは即、反応して「Yeah! イェイ!」。 これで瞬間的にお互いの距離が縮まって、楽しみの共有の場ができたものです。 渋滞の疲れだってこれ一発で吹き飛びました。 ちょっと議論がヒートアップしてきまずくなった雰囲気も一瞬でリセットされました。

今日は、朝9時過ぎに、携帯に届いたこのメッセージを読んで、あちこちで「楽しんでる?」チェックをする人がたくさんいることでしょう。 もし、仕事にちょっと気が乗らないとか、週末の疲れが残って・・・なんていう人も、この自問自答チェックで瞬間パワーチャージできますように。 子どもたちの新学期、入学、入社と新しい環境に出ていく人がいるこの季節、「人生を楽しむ」ことにもっと真剣になりたいものだと思います。

「えっ?人生って楽しむものなんですか?」って声が聞こえてきそう。

「もちろん! それどころか自分が楽しいと思える環境を作ることは一人ひとりの手抜きのできないお仕事」 なんです。

「人生を楽しむ、なんてバチがあたりそう」 という人もいました。

そういう場合、わたしは「そんなことはないです」とは決して言いません。 だって、人は信じている現実を目の前に引き寄せる力があるのですから。 ”人生を楽しんだらバチがあたる” と思っている人の人生にしかバチは起こらないのです。 わたしはバチが当たるという認識がないので、当たらないだけ、です。 

そういえば日曜日のロミ・コミは小田原城の夜桜見物の時にウメちゃんがつぶやいた(笑)語録を載せました。 

「”失敗”しない人生より、”失敗という考え方”のない人生を選ぶ」

いいですね(自画自賛モードです)。 今は、選択の時。人生をどう生きるか、自分の選択次第なんですね。  

昨日の午後、ご近所のお友達の家にお茶にお呼ばれしました。 そこで「人生に問題がなく、完璧に幸せなんていう人はいるのだろうか?」という話になりました。 はい、そういう人はいます。 なぜなら幸せとは客観的な状態ではなく、主観的なものだからです。 人が見るとお気の毒、という状態であっても当事者は「幸せだ」と認識していることがあります。 その人は「幸せ」です。 反対に外から見るとまったく問題のないような状況にいながら、「わたしは恵まれていない、不幸だ」と思う人もいるのですから人はいろいろ、人生の解釈も選択次第です。 幸せを感知する能力をアップさせたいものです

以前、外資系の銀行で新卒の採用をやっていた時、「あなたの今までの人生はついていましたか?」という質問をしていました。 「ええ、ついていると思います」と即答した青年は3歳で両親が離婚、その後、知り合いの家をまわりながら育ち、小学生の時から新聞配達をし、大学もいわゆる苦学組。 でも本人はいたって明るく「ええ、ついていると思います」と無理なく言い切っていました。 この人の幸せ感知度はとても高いのでしょう。 

夕方、ターシャの庭づくりに触発されて近くのホーム・ガーデンセンターで花をたくさん買ってきました。  素焼の大きなフラワーベースが色とりどりの花で春仕様になりました。 今日は午後の編集者さんとのミーティングまでまた庭いじりができます。 幸せ~~

● 無料携帯配信 romi@wadm.jp まで空メールを送ってください。

Posted at 12:52 午前 このごろ思うこと |

2008年4月 1日 (火)

4月のグリーティング

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

今日は4月1日、エイプリルフールですね。 子どものころ、この日だけはウソをついてもいい日なので、はりきって友人たちに小さないたずらをしたのを思い出します。 罪のないウソでした。 「今日お弁当持ってくるの忘れちゃった、半分ちょうだい。」なんて、ね。

昨日は岡山でのトークライブでした。 岡山では定期講演会がもう何年も続いています。 年4回、アイナリーホールにて月曜日の午後ですが、昨日も90名もの方々がおいでくださいました。毎回3分の1くらいは新しい方々で、その輪がどんどん広がって嬉しく思っています。 何度も聞き込んでくださると、問題解決のコツが身についてくるのですね。 そして応用問題も解けるようになってきます。 そうなると、毎日起こってくるドキッとする出来事も、苦手な状況も大丈夫!になってきます。 トークライブは文字通りライブですから、ご参加の方々との対話、公開問答って感じで、打ち合わせ、シナリオのないミニ・ドラマが繰り広げられます。 「子どもを育てる難しさをどう乗り越えるか」、「伝えにくいこと、言いにくいことをどう相手に伝えるか」、「職場関係で苦手な人とはどう付き合うか」、「生きる希望がもてないという子どもにどういったらよいか」などなど。 解けない問題はないのが人生。 一人で解けなければ周りの人の力をかりて、乗り越えればOK,なんですね。

さて、最近、こうしたい、これが欲しい、これが知りたい、などと願望を口に出すとその具現化するスピードが見事に速くなったのを感じます。 皆さんはいかがですか?

、"女性が次世代の女性に知恵と経験をバトンタッチしていくシステム"  を考えています。 わたしも日本なら佐藤初女さん、西洋ならターシャ・テューダさんに学びたい、とどこかに書いたら、直後に、東京のデパートで開かれたターシャ展のチケットを頂き出かけてきました。 最終日に近いので会場は大変な混みよう大盛況でした。 彼女の人気はすごいものです。 彼女が自分らしく生き始めたのは56歳のとき、そして92歳の今もニューハンプシャーの素敵なコテージで一人ぐらし。 美しい草花の庭にはゆったりとゆたかな時がながれているのです。 彼女は有名な絵本作家でもありますから、原画の展示も数々ありました。 NHKの番組の抜粋10分のビデオの最後には「人生は楽しむためにあるのよ」とあり、まさに「同感!」と心の中で叫びました(笑) 彼女のように林住期を迎えて生きたいと思いました。 来週はわたしも自分の庭をターシャの庭にするべく張り切っています。

ターシャ展に出かけた日、銀座を歩いていたら街角の大画面に最近注目しているテノールのポール・ポッツ氏、初来日コンサートのお知らせが! もちろん、すぐ申し込みました。 4月29日、オーチャードホールです。 ポールさんはイギリス人、公開素人タレント発掘番組に出たときは少しメタボな中年男性、仕事は電話会社の倉庫勤務。 ぱっとしない彼がひとたびオペラを歌い始めるとその場の空気がみるみる澄み渡り、そこにいた人、ビデオを見ている人に深い感動の波が・・・。 昨年末アメリカでソニアにUチューブの彼の出た番組を見せてもらったとき、まさに鳥肌ものでした。 彼は今は押しも押されぬ世界的テナー歌手。 最近、彼のことを友人たちとよく話していたのです。  独学で声楽を学び、歌を歌うのが喜び、とはにかみながら話していた彼に「情熱が奇跡をよぶ」と勇気をもらいました。

加えて、先日もブログに書きましたが、今年の初め、英国風水を学びたいと、カレンキングストンのバリ島のセミナーに参加しようと思っていたら・・・・ カレンも初来日が決まり、5月末には日本でセミナーが受けられることに。 それも我が家から15分の箱根湯本で! こうなると「ロミさん、引き寄せも、引き寄せ、すごい引力ね」と友達が言います。 バリ島にいくはずがご近所にきてくださるんですものね。 思いの具現化のスピードと現実性にますます人生の面白さを感じます。

「想いが世界を平和にする」のも近いはずです。 夢を膨らませましょ、イメージをひろげましょ、いい思いを体中に蔓延させましょ。 具現化が早くなりますよ。

さくらに酔いしれて、素敵な四月のスタートです。 ろみ

● 今日、HPにこの夏の高校生セミナーのお知らせをアップしました。 8月12日から2泊3日、開催地は小田原です。 ご覧ください。 http://www.romi-nakano.com/

● 4月20日(日)大阪での永田潤子さんとのジョイントセミナー、まだ若干名余裕があります。 この時代に即した、ライフ&キャリアプランニング、一日でバージョンアップ間違い無し、です。 ぜひどうぞ!

Posted at 09:05 午後 月初めのグリーティング |