« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月25日 (金)

こんな時だからこそ

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

数日前、アジア事務局のオフィシャルサイトに現在の日本に対するクリーニングプロセスが公開されていると友人からの情報。
http://hooponopono-asia.org/news/sith_info/2011/03/000299.html

それは「magenta magenta radiation マジェンタ マジェンタ レディエーション」という言霊だそうです。 マジェンタは明るい赤紫色、レディエーションは放射線という意味。 この言葉をイメージの中で言うことにより『大地の母』に愛が届くとのこと。

 

● さて、4月にはまた講演会再開です。 詳細はHPをご覧ください。 

      http://www.romi-nakano.jp

    こんな時だからこそ、揺れない自分を作りましょう。

4月16日(土) 大阪 (新大阪駅近・ TKP新大阪会議室) 13:30~ 

   「人間関係をスムーズにする極意」 ケーススタディあり

   参加費: 7000円    お申込み オフィースユーアンドアイ 

      担当: 藤井さん 06-6832-5589 seminar@office-youandi.com

4月23日(土) 東京 (お台場 PRISM) 10:30~16:30

   「Feel Good の魔法」 トークライブ

       セミナーでは味わえないトークライブ。「道を知るから道を歩く」体験空間です。

   参加費:35000円 

   お申込み: オープンエンド 松田さん 03-3476-1088 romiseminar@yahoo.co.jp

      5/21,6/18もあります。 3回参加割引あり

Posted at 01:03 午前 講演会情報 |

2011年3月19日 (土)

行動指針

ロミです。

この非常事態で、人々の心の奥から、思いやり、親切、分かち合い精神、譲り合い、愛、祈り・・・いいものがたくさん溢れてきています。 日本人って誇らしい!と嬉しく思います。

と、同時に、不安をあおる情報も流れているようです。

こういう時は、自分に元気をくれるものは受け取り、そうでないものは、ただ、ただスルーする(エネルギーを浪費しない)ことです。 否定する必要もありません、ただ、スルーすればいいのです。

さて、東京に住む私のところに、そろそろ遠くへ転地したほうがよいと思うか・・と、問い合わせがいくつもありました。 みんな揺れています。今は落ち着くことが大事です。

そこで、昨日のロミコミに以下のように書きました。

Hello!心、お元気ですか?

今日の言葉は「You have choices
あなたには選択肢がある

揺れ動く中で、次なる自分の行動を決めるとき、どの道を選んだらよいか、ではなく、どういう心持ちで行動するかは あなたが選ぶことができます。

『愛と喜び』という気持ちで選んだ行動は、あなたに勇気と元気をくれ、大丈夫という幸せな気分が残ります。

反対に
『恐れと不安』という気持ちで選んだ行動は、あなたがどこに行こうとも不安と恐れも道連れにしてしまいます。

祈るとき、買い物するとき、義援金を送るとき、人と会話するとき、料理をするとき、インターネットを使う時・・・

どんな行動をとるにせよ『愛と喜び』の心で物事にあたってください。大丈夫!

恐れと不安という黒雲が立ち込めている今、『愛と喜び』を持って動くあなたの出番です。

それでも迷ったら、あなたの尊敬するヒーローならどうするか、想像してみてもいいですね。アンパンマンならどうするでしょうか?

わたしの場合はすでに「光の国」にいる大好きなターシャ・テューダー(アメリカの絵本作家・ガーデニングの達人)ならなんて言うかな?何するかな?と想像しています。

昨日は落ち着いて楽しく料理をすることができました。

何をするか、しないか、ではなく、どちらの心持ちで動くか、なのですね。

明日から3連休、是非『愛と喜び』でまわりを明るく・・  
ではまた来週。ロミ

Posted at 09:33 午前 このごろ思うこと |

2011年3月15日 (火)

Feeling of JOY 魔法の言葉

今日のロミコミにこう書きました。

「Hello! 

今朝も関東地方で揺れました。大丈夫でしたか。不安要素が多くなり、情報も錯綜しています。

事実を知ることと、それに感情を振り回され、自分の心を不安でいっぱいにする、のは別のこと。

こういう時だからこそ、心を強く持って Hang in there (頑張る、粘る)です。

わたしは、先行き不安になったら、日常の目の前のことだけに集中します。お皿を洗う、洗濯物をたたむ、とか。

そういう当たり前のことができなくなる、と思うから不安になるのです。 温かい飲み物をちょっとおなかに入れるだけでも落ち着きます。

心の中に、希望を忘れずに、今日も一日大切に。」

ーーーーーー

テレビのニュースに不安で心が暗くなっている方も多いと思います。

そこで、気分を明るくする時に使える魔法の言葉をご紹介します。

Feeling of JOY  フィーリングオブジョイ (訳すと喜びの感覚です)

これは瞑想するときのキーワードでもありますが、以下の文章の最後にある“もうひとつの使い方”をご覧ください。 

Feeling of JOY 

(瞑想法)

中野裕弓

一日のうちどこかで、心を静めて自分の本質とつながる瞑想は、忙しい現代人にはとても重要な心身のエネルギー補給手段です。 世の中にはたくさんの瞑想法がありますのであなたにあったやり方を見つけてください。 ここでは誰もが安全に使える「Feeling of JOY」という言葉を使ったやり方をご紹介します。これは瞑想をするときのマントラ(自分という個人と宇宙という大きなエネルギーとをつなぐことば)として使えます。

1.      ひとりになれる静かな環境で、椅子に深く座り目を閉じます。目を閉じると、視覚の情報が遮断され、次第に心が落ち着いてきます。

2.      次に呼吸に注意を向け、吸う息、吐く息を意識します。(鼻からの自然呼吸)

3.      心が静かになったら「フィーリングオブジョイ」と心の中で思ってください。

ふっと思い、そして解き放つ感じです。その後、10分から15分くらい、その言葉を思い出したら心の中で静かにつぶやき、解き放ちます。

4.      途中、様々な雑念が頭をよぎるかもしれません。 どんな雑念も気に留めずにうしろに流してしまいます。 また途中で、素晴らしいアイディアが閃くかもしれません。 それも書きとめたりせずただ流してしまいます。途中眠ってしまった(と、感じても)OKです。

5.      終了時間は目の前に時計を置いて確認します。 (瞑想中は心がとても静まっているので、目覚まし時計や携帯アラームを鳴らさないでください) 

時間はのびても大丈夫、そのうちに体のリズムと合っていい具合になってきます。

6.      時間になったら「フィーリングオブジョイ」を思うのを止めます。

7.      そのまま23分 座ったまま、または横になるかして休息をとります。その後ゆっくり目を開けてください。あなたはすっかり宇宙からのエネルギーが充電されて、リフレッシュしていることでしょう。

*「Feeling of JOY」のもう一つの使い方

日常生活の中では、この言葉を意識するだけで周りの否定的なエネルギーを一掃して

瞬時に純粋で肯定的なエネルギーに変換することができます。 Vortex状態(最も心地よい心の状態)に戻る言葉としても使えます。 必要な時、目を開けたままFeeling of JOYフィーリングオブジョイ と思ってみてください。 心が軽くなり元気が戻ります。

© Hiromi Nakano 2010  http://www.romi-nakano.jp

Posted at 08:44 午後 愛と豊かさ |

2011年3月14日 (月)

こういう時だからこそ

繋がっている皆様に:
大地震の後、3日目の朝、ここ東京は太陽がまぶしいくらい、精いっぱい元気をくれているかのようです。
被害にあわれた皆様、被災地の方々、心からお見舞い申し上げます。 
そしてすでに「光の国」に旅立たれた方々、心よりご冥福をお祈り申し上げます。
こんな時、何ができるの?とたくさんのメールをいただいています。
こんな時だからこそ・・・ できることがあるのです。
もう日本で、世界中で、はじめられた祈りの輪。 一人ひとりの祈りの波動が繋がって、地球を、世界を、ハグする・・・
祈りは愛の波動を相手に届けるだけでなく、自分の心の傷ついた部分にも届きます。 直接何もできないから・・・ 祈りがあります。
ーーーーー
地震が起きた時は、私は名古屋からの新幹線の中。人々の親切に支えられ、翌朝、どうにか帰宅できました。 そして初めてニュースを見て、大惨事に言葉もありませんでした。
以来、心の奥の声(わたしが著書でウメちゃんとよんでいる)との対話を通して学んだことを以下にシェアします。
1) この地震は単なる天災ではありません。 
未曾有の悲しみや苦悩をもたらしているこの地震、天災は、実はこの地球の未来を救う、最後の大きな動きが始まったことを意味します。 日本は、本気で立ち上がります。 そして世界を愛と調和の方向に導いていく役をします。 
2) 120日間、支える強さを持ってください。
ある程度の状態に復興するには、120日間かかると思って、その間、直接、被災して悲しみ苦しまれている同胞に、愛と希望を送り続ける体力と気力を養ってください。
助け合い、分かち合いがスムーズにいくように、ひとりひとりができることをお互いに伝えあって、知恵を回してあらゆる方法を考えてください。
3) 歌を歌ってください。
毎日、祈りを込めて、明るい希望を感じる歌を口ずさんでください。 メロディや歌詞が地球を癒します。
(モーツァルト、バッハの曲は心が落ち着きそうですし、また、「アンパンマン」の歌詞が元気がでそうです。 まずはこの歌詞を覚えて毎日歌おうと思います)
4) 人と繋がってください。
スカイプ、Facebook,ツイッターなどで、またできれば直接会って人と繋がってください。 同じ「宇宙船地球号の仲間」として愛と希望を語り合って励まし合います。 
(わたしは仲間とのゆんたく語り合いの回数を増やそうと思います。)
今日のところはここまでです。
------------
現在、いろいろな情報が錯綜しています。 
不要な混乱を避けるため、このメッセージが役に立つと思われる人には共有してくださってOKですが、これはあくまでも中野裕弓の個人の所感ということでお取り扱いください。
地球にいっぱいの愛をこめて・・・
ロミ

Posted at 07:37 午前 毎日のこと |

2011年3月 9日 (水)

執筆作業完了

今、新刊の最終段階。

「愛のコーヒーカップ」という小冊子をもとに作った本です。 日本文芸社から3月末には出版されるので、今、最終の段階。 あとは装丁をして、タイトルを決めます。

関係者がいろいろアイディアを出してもうすぐきまります。

最終原稿の締め切りはお昼でした。 12:07にメールで送って終了しましたが、今朝は6時から書いていたので、ランチの後、ちょっと昼寝。

5時には、今日から始まるパーソナルトレーナーAさんの90分セッション。

1月に船旅をした時、アメリカ人のスコットというトレーナーからパーソナルトレーニングを受けてすっかり気に入った私。 スコットから、「日本に帰ったらまずパーソナルトレーナーを探してトレーニングを続けて」というアドバイスがやっと叶いました。

治療師でもあるAさんは、固まった体をほぐすメニューを教えてくれて、今はとても調子がいいです。 3ヶ月間、週一回、Aさんのトレーニングをお願いしました。

夕方はブルーベリーのコブラーを作りました。 家じゅう、オーブンからいい匂いがただよい、ターシャテューダーの気分。

明日は、夕方名古屋に行き、心友の永田潤子さんの関わるコミュニティーづくりの会に参加させてもらいます。 明日のテーマはファンドレイジング(資金集め)、いろいろ学んできます。

Posted at 10:40 午後 毎日のこと |