« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月31日 (日)

映画 Switch 観てきました。

先日、遺伝子研究の第一人者、村上和雄先生の新刊

「奇跡を呼ぶ100万回の祈り」 Softbank Creative版 をご紹介しました。

とにかく素晴らしいご本です。

3.11をどうとらえて、どう乗り越えていくかについても深い洞察がありました。

「祈る力はすべてを変える」という意味がよくわかる内容でした。

「村上氏の考えは宗教と科学の垣根を超え、すべての読者を調和の世界へと誘うであろう」という本の帯はダライ・ラマ14世の書かれものでした。

ーーー

昨日は「SWITCH」という村上先生のドキュメント映画を川崎に観に行きました。

こちらも先生のたくさんのご本に書かれていたことがとてもわかりやすく描写されていて大変感動しました。 

観終わった感想として「人は無限の可能性を持っている。スイッチを入れるのは自分」と思いました。

特に、第2章の福知山線の事故で脳に重度の障害を受けた鈴木じゅんこさんとお母様のお話は心に深く響きました。 事故に会ったことはよくないことだったとしてもその後の心の持ち方でスイッチが入る、という素晴らしい事例でした。 

スイッチが入ると人は奇跡を起こしてしまいます。 スイッチが入ると人はそれまでとは全く違う生き方を始めます。 要はどうやってスイッチを入れるか・・・です。

環境がスイッチを入れるとありました。 私も同感です。 氏より育ちといいますが、親から引き継いだ遺伝子がどうであろうと、その部分にスイッチが入るそういう良い環境を自分の周りにクリエイトしたいものです。

今年春に自主上映を始めた映画ですが、すでに各地で50か所も上映されているそうで、これからも日本中を回るそうです。 製作のサンマーク出版の方も映画の後で製作にまつわる話をしてくださいました。

みなさんもお近くでSwitch 上映会があったら見つけて行ってみてください。

それだけでスイッチがはいります。 何かやる気になってきます。

Posted at 04:19 午前 毎日のこと |

2011年7月28日 (木)

北欧、引き寄せまくりです。

今年の秋、新しいコミュニティづくりのヒントを学びに、心友たちと「北欧へ行こう」と 話しています。 わたしは英国に9年も住んでいたものの、北欧にはまだ行ったことがありません。

北欧に行こう、行きたいと思っていると、あちこちで出会う人、見るもの、最近北欧関連の多いこと。

先月は、世田谷文学館で、子どもの頃お世話になった大好きな本、『長くつしたのピッピ』のリンドグレンさんの展示会に行って、北欧の子どもたちの生活を垣間見てきました。

先日、伊勢神宮に行ったときに同行したCさんは、俳優の旦那様がお仕事で北欧に行く予定とか。 まさに新しいコミュニティ関連の取材に出かけられると話していました。 できればCさんにも一緒に行ってもらいたいな、そして情報教えてくださいね、とお願いしました。

 

BSプレミアムでは7月いっぱいは「北欧特集」。 ここずっと「ムーミン」とともに成長してきた子どもたちや、ムーミン谷の生活さながらに生きる人たちのライフスタイルを紹介していいます。

これを書いている今、BSプレミアムでは、版画家の山本容子さんといく北欧の病院ツアーのことをやっています。 番組は「旅のチカラ」

スウェーデンでは公共施設を作る場合、建設費の1%をアートのために使うことを義務付けている、ですって。 ホスピタルアートというのだそうです。 病院内の廊下はまるで美術館。 アートと生活が一体化している感じです。 瞑想室も素敵な安らぐ空間でした。

小児病院では長靴下のピッピの世界。 まるでテーマパークのようでした。 ベッドの上には空の天井絵、鳥や宇宙船が。 つらい治療をこの絵をみて少しでも和らげようという心配りです。 壁画もたくさん、病院内の図書館も外の森をイメージした楽しい空間。

病気のことばかり考えさせないことがこの病院のコンセプトだそうです。 病院は日常の延長にあるもの、それに助けになるのがアート、という位置づけなのだそうです。 いいなあ。

北欧からいろいろ刺激を受けてこようと思いました。

Posted at 09:01 午前 |

2011年7月24日 (日)

昨日は青山で・・・

昨日は青山で浅見帆帆子さんとの初ジョイントトークショーでした。

遠くから、近くから、起こし下さった200名超える皆様、有難うございました。

会場は大変盛り上がりました。

主催はいつものゆんたく仲間4名 ウィメンズ リンク と名付けました。 帆帆子さん、響子さん、紘子さんそして私の4名。

このメンバーは帆帆子さんの10周年目の日記「港が見えた!」などにもニックネームでよく登場します。

ここ2年余り、時間をかけてじっくり練ってきた心象変化の内容を少しでもお伝えできればと思い、前半は二人の掛け合いトーク、後半は参加して下さった方々からの質問(ケーススタディタイム)でした。

沢山のケースをいただいたので、読み上げられなかった方ごめんなさい。でもなぜか他人が書いた事例なのに、自分の心にも響くから不思議、というのが参加して下さった方の感想。

帆帆子さんもわたしもなにも綿密な内容打ち合わせがなくても、お伝えしたかったことはすべて網羅できたわね、と満足でした。 内容の打ち合わせよりも、お互いを尊重し、信頼さえしていれば All is well なんですね。 

途中もとても楽しく会を進めさせていただきました。 もっと時間がほしかったですね。

仲間と一緒に何かを作り上げるというのは極上の楽しみごと、です。

きっとみなさま「わたしにも何かできる、これやってみよう」と意気込んでお帰りになったことと思っています。 片づけに入った終了後の会場にそういう情熱と熱気がのこっていましたから。

わたしたちは単に生き方のサンプルの一つです。 聞いてくださった方々と「そうだ!やってみよう!」というその思いを共有できたらうれしい限りです。

それにしても「ボルティモアのトドの話は、これだけ長い時間話を聞いていて初耳!」だったとメンバーに言われました(笑)  あれは笑っちゃうけれどほんとの話。

こういうジョイントトーク、またどこかでやりたいね、と話しています。

日本中のウィメン、リンクをはりましょうよ。 昨日来て下さった男性たちにも感謝!

Posted at 11:43 午前 講演会情報 |

2011年7月16日 (土)

高校生サマーセミナー 

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

来月8月5日からの、神奈川県小田原市で開催の第六回高校生サマーセミナー、現在最終準備中です。

参加高校生は男子14名、女子16名で合計30名。

遠くは沖縄から参加の3名をはじめ、3月の大震災で被害に会った東北の高校生2名も含まれています。 日常では出会うことのない仲間たちが集うグループダイナミックス。 毎年スタッフとしてかかわる私たちにも感動・感激がいっぱいです。

応援団となってくださる全国の皆さまからは一口スポンサーとしてご協力いただきましてありがとうございました。 おかげさまで総額100万円近くの応援を頂きました。

皆さまのお志を有効に使わせていただき、30名とそのご家族にとって一生の思い出になる3日間を作りたいと思います。 今年は暑さ対策にはいつもより気を使っています。

一口スポンサーの方々には、終了後、ミニレポートをお送りします。どうぞ楽しみにしていてくださいね。

今回6回目が終了するとサマーセミナー卒業生は通算170名になります。 早いものです。継続は力なり、と感じます。

Posted at 09:00 午前 ソーシャルリース |

「おひさま」観てます

NHKの朝ドラ「おひさま」は毎朝楽しみに観ています。

大震災の後には、丁度ドラマの中では戦時中。 戦時中の非常事態と、3.11以降の日本の現状の出来事が重なり、いくつものいいセリフを聞いて励まされました。 わたしの父母から聞いていた戦争時代の話が重なりました。

今朝は、主人公陽子(井上真央さん)が出産まじか。 疎遠のおばあさまが東京から安曇野に訪ねてきます。

初対面の陽子の旦那様に「(戦争から)よく戻ってきてくれました」とあいさつするシーン。

わたしの父は現在86歳。 少年飛行兵で戦争に行きました。

同期の友をたくさん失った中、父も本当に“よくぞご無事で戻ってきてくれました” です。

わたしの命のルーツですから、感謝しても感謝しきれません。 

ある時、父はわたしの従姉相手に 「娘たち二人に会うために、必死に返ってきたんだよ」と話したと聞きました。

それって、よく考えると 時系列は前後するけれど、ものすごく嬉しかったのを思い出しました。

今日は電話で今一度、有難うと伝えようっと。

Posted at 08:44 午前 毎日のこと |

[

Posted at 08:32 午前 |

2011年7月 2日 (土)

夏対策

東京は暑いです。 これで梅雨明けしたらどうなっちゃうのかしら。 溶けちゃうかもしれません(笑)

節電と猛暑の組み合わせは、わたしたちにいろいろ工夫することを教えてくれますね。 7月1日から節電がぐっと身近にやってきた感じです。

昨日、銀座でタワーパーキングを利用したのですが、そこに「電気の供給輪番制に当たった場合は、タワーから車を出せませんのでご了承ください」といいう張り紙が・・

もちろん事前にわかったら、パーキング受け付けないのでしょうが、以前、急いでいる時に停電して、自宅のガレージの扉が開かなくって困ったことがあったのを思い出しました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

≪我が家の節電、夏対策あれこれ≫

● ゴーヤの種をいただいて、大切に育てています。

今、3本が伸び始めたので、ゴーヤカーテンをつくるべく、ひもを貼りました。

●通販で遮熱効果の高いすだれを購入しました。 ちょっと部屋が暗くなりますが、確かに直射日光は和らぎそうです。

●水にぬらして首に巻くものを数種、試しています。 氷ほど冷え過ぎずにいい感じです。

でもこれで外出してもいいというような、もうちょっとおしゃれなものが欲しいです。

●ソーラーランプもゲットしました。 ちいさなパネルですが、夜の常夜灯分くらいはカバーできます。 携帯も充電できるケーブルもついていました。

こんなにふんだんにある太陽光を使わないという手はありません。

本当はすべての家の屋根がソーラーパネルになったらいいのにと思うのです。

少なくとも自分のところの電気を少しでもカバーできれば、電気が必要な公共機関や工場に回せるのですから。

●髪を短く切りました。 まあ、これも暑さ対策かしら。 でもポニーテールの友人によると長くして束ねた方が涼しいらしいです。

●冷蔵庫にビニールのカーテンがいいらしいですね。 わたしは冷蔵庫を開けてから、いろいろ悩むことがあるので、ビニールカーテン探してつけましょう。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

★ 7月5日の東京・新宿の「まろわの会」チャリティイベントはすでに完売、満席になりました。 ありがとうございました。

 7月23日(土)の東京・青山での 浅見帆帆子さんとのジョイントトークは残席わずかだそうです。 帆帆子さんは次々とベストセラーを生み出す作家としてだけでなく、インテリアデザイナー、最近はジュエリーデザインも手掛けるマルチタレントの持ち主。 ステージでトークする帆帆子さんとわたし、企画運営を手掛けてくれる紘子さん、響子さんと仲良し4人組の初コラボ。 準備も大いに楽しんでいます。 是非お越しくださいませ。

http://www.women-link.org/event20110723

● 昨日の中目黒の「山本兄妹」のライブは大盛況。 満席でした。

オリジナル曲の歌詞も曲も素晴らしく、大好きなファミリーフェアはいつも家族の絆を感じてなごみます。 昨年の高校生セミナーのDVDのイントロに使わせてもらったHEROという曲も大好きです。 三重出身の清人さん(兄)とキュートな絵里香さん(妹)の絶妙なハーモニーは一押しです。  山本兄妹HP http://ameblo.jp/yamamotokyodai/

 

● 明日は大阪で初めての一日セミナー「Spireality スピリアリティな生き方」です。

久々に、新作のセミナーのレジュメを書き下ろしました。

先日の東北旅行の時にひらめいたキーワードがその中心になります。初めてのテーマをお披露目するときはいつもワクワクします。

では、これから大阪にGo! 

Posted at 11:22 午前 このごろ思うこと |

2011年7月 1日 (金)

7月のグリーティング

中野裕弓 @ ソーシャルリースです。

本当に暑いですね。 梅雨明けたらもっと暑くなりますね。 体力勝負、です。

先月末、東北に出かけてきました。 

仙台では津波でご家族を亡くされたファミリーにお会いしました。 地震の後、津波が来るまでそう長くない時間、混乱、避難、第二波、第三波・・・ 想像ができません。 大変な出来事を超えて、沢山の人がそれぞれのドラマを持ち、復興に向けて歩んでいる姿に心が揺れました。 時が静かにお心を癒してくれるのをお祈りします。

新幹線の仙台駅の近くのホテルに滞在していましたが、駅の近くはあの3・11を感じさせないくらい活気があって、きれいでした。 ビジネスマン、旅行者も多くて、にぎやかでした。 でも車で15分も走るとそこは想像を絶する光景なのだそうです。 町の中も、通りを挟んで向こう側だけ半壊だったり、地盤によって被害は違います。

福島の二本松市では、短いお知らせの期間にもかかわらず、チャリティの講演会に50名もの方々が集まってくださいました。 こういう時の心の持ち方、日々の過ごし方、今後のことなどをお話しさせていただきました。 お世話下さった片平さん、みなさん、有難うございました。 福島というだけで原発の風評被害も出ているようですが、ここでも皆さんの前向きさを感じました。

Life goes on (それでも人生は続く)というフレーズが思い出されました。

We must go on (それでもわたしたちは前に進む)です。

今、NHKの朝ドラ「おひさま」を見ているのですが、戦時中、戦後の状況と東北の状況が重なって見えます。 この頃朝は、涙することが多いです。

戦争も、原発も、この世界にはもう必要ない、と言えるような世界を作らなければなりませんね。

今晩は、中目黒の楽屋というライブハウスで、若い友人で我が家のユンタク仲間の「山本兄妹」のライブがあります。 時間を作ってふらっと行ってみようかな。 彼らは素晴らしい声で「家族っていいなあ」、「仲間っていいなあ」と思わせてくれる曲をたくさん持っています。

Posted at 12:16 午後 月初めのグリーティング |