« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

2月最終日・雪景色

朝、カーテンを開けたら真っ白な雪景色。

昨日から予想していたとはいえ、午前中の降雪量には驚きでした。

北国の方々は毎日3回も雪かきをしなければならない時もあるそうで、本当に大変だと思います。 雪の下でも、春の植物が開花の準備をしているのでしょうね。 

2012年ももう6分の1が終わるなんて早いものです。 2月は関西方面でのお仕事で移動がありましたが、主に東京で過ごしました。 

今、3月下旬に出る新刊「幸せになるために必要のない84のリスト」(日本文芸社版)の最終段階です。 昨日は84の一つ一つの目次に英語の単語を付けました。 先日、実家に帰った時、目次だけを父に見せたら目を丸くして(!?)いました。 なぜなら娘にこれは必要だと厳しく教えたことがそのリストにたくさん入っていたからです。 でも中身を読んでくれればきっとわかってくれるでしょう。 楽しみです。

★ ロミコミ

28日のロミコミ(朝のメルマガ)にこんな素敵な返信をいただきましたのでご紹介します。 まずはその日のロミコミから。

「ご近所の人 neighbor ネイバー」

あなたのネイバーはどんな方々ですか?
地域性、環境、年代によってご近所付き合いの形や お互いの距離感はさまざまです。

都会では近所付き合いは希薄と言われていましたが、3・11以降、大切なのは人と人との絆と思い直した人が増えました。
何かがあったら一緒に励ましあい、乗り切るパワーもご近所の底力。

無関心でも べったり依存でもなく 礼節と思いやりのセンスをもって ネイバーとのいい関係を作りたいもの。
心地よい関係性があるところには 安心と安全が生まれます。


ご近所の在り方はその地域の子どもたちや、お年寄りを見守り育む力になりますね

以下はこの日のロミコミに対するSさんからの返信です。 エピソードが目に浮かぶようで、心が温かくなりました。 とても素敵な話です。

ロミさん

今日のメルマガも私にピッタリの内容でBINGOって感じです。

私はマンションの5階に住んでいて、一年ほど前お隣のファミリーが引っ越して、
老夫婦がその部屋を購入して引っ越してきました。

3週間ほど前、夕方お買い物から帰るとマンションの前に救急車が止まっていたらしく

誰かが病院に運ばれたようでした。

しばらくして、小学校に通う娘から、
○○ちゃんのおじいちゃんが倒れて救急車で病院に搬送されたと聞きました。
お隣の老夫婦のおじいちゃんでした。

おばあちゃん一人で、心細いのではないかとおもいましたが
どのようなことが私にできるか考えていました。
「おせっかいかもしれない」「迷惑に思われたら・・・」などと考えもしました。

「愛を表現しないでもやもやするより、愛を表現して断られたらそれでOK、スッキリ!」と

決心して、行動しました。

ちょうど実家の父の家庭菜園でとれた、採れたてのジャガイモとにんじんがあったので

野菜のおすそ分けを装いながら、私の家の電話番号と携帯電話の電話番号を書いたカードをもって
お隣のおばあちゃんを訪問しました。

最初、びっくりした様子のおばあちゃんでしたが、
「お隣ですので、なにか困ったことがあったら、私でお手伝いできることがあれば
お声をかけてくださいね」と一言添えてお野菜とカードを渡すと
すこし目に涙がにじんでいるようでした。

お隣に自分の「ことを気にかけてくれる人がいる」
それを知ってもらっただけでも、OKと思っていたら・・・

翌日の夕方我が家に「ピンポーン」と
お隣のおばあちゃんが、イチゴとお菓子を持って訪ねてきてくれました。
昨日の、お野菜と連絡先のカードが嬉しかったようで
おばあちゃんの家の電話番号のカードもいただきました。
おばあちゃん、私のしたことがとっても嬉しかったようで、昨日の不安そうな表情と
打って変わって、にこやかな笑顔でした。

「愛をひっこめないでよかった!」と思った出来事でした。

Sさん、「愛をひっこめないでよかった!」のひと頃、感動しました。 こういう隣人を持ったおばあちゃまは心強く思われたことでしょう。

これからのコミュニティにはこういう心の交流が大切だと思いました。

そういえば・・・・

世銀の職員に着任したての頃、先輩の送別会に参加しました。その時の彼の一言が今でも心に残っています。

「海外では日本人が助け合うことが少ない。もっとお互いにかかわりを持って助け合ってほしい」と。

確かに、日本人は人に手を差し伸べるとき、迷惑がられたらどうしようとちょっと躊躇するのです。 相手が助けを求めなければ積極的に寄っていかないで相手を見守る姿勢の日本人と、ちょっとでも困っているとすぐに駆け寄ってあれこれ世話をする中国人同士や、インド・パキスタン、フィリピン人のコミュニティーがうらやましく思ったことがありました。

Aggressively friendly (すごく積極的にフレンドリーに近づいていく)を奨励しているディズニーワールドの研修も思い出しました。 

アグレッシブリー フレンドリー、恥ずかしがらずにもっと実践していきたいと思いました。

 

Posted at 06:34 午後 毎日のこと |

2012年2月18日 (土)

「さつきの会」 99回目の再スタート!

≪さつきの会、再開のお知らせ≫

こんにちわ、中野裕弓です。

アメリカの世銀勤務から戻ってまもなく、わたしは横浜で「さつきの会」という月例の問題解決の研究会を始めました。1998年5月に始めたから「さつきの会」なのですが、それはその後7年間にわたり、会場も全国に広がって、終了した時は、合計98回の開催になっていました。

「自分の中の疑問の答えは、自分の中にすでにある」をモットーに、誰も悪者にしない、そして、過去を一切否定しない問題解決法です。

その後、「さつきの会」の復活を・・・というお声をたくさんいただき、2012年を迎えた今、

この3月15日に99回目からの再スタートをすることにしました。

この会の特徴は、参加された方々の実際の事例を紙に書いていただいて、それについての解決法をその場でお話しするという臨場感いっぱいのケーススタディ”(事例研究)です。無記名ですから、何でも書きやすいし、他の人の事例も自分の人生のあちこちに当てはまりとても参考になると好評です。翌日からの家庭や職場での人間関係が驚くほど改善されて、Feel Good (ご機嫌気分)が増すことでしょう。 私もこの再開をとても楽しみにしています。

場所は東京・新宿のオフィス街です。JR線・小田急線新宿駅南口から3分、都営地下鉄・京王新線新宿駅A1出口からは1分という交通至便なところです。会社帰りの方たちにも足が運びやすいように、開催日は主にウィークディの夕方から夜にかけてです。 問題解決のレパートリーを広げに是非お出かけください。
ただし会場の都合、定員になりましたら締め切らせていただきます。

……………………………………………………………………………………………………………

日時:2012年3月15日(木曜日)18302030(会場受付1800~)
会場:NOF新宿南口ビル(旧:新宿三信ビル)4F セミナールームA
   東京都渋谷区代々木2-4-9 NOF新宿南口ビル4F
   TEL:03-3370-3113
   •JR新宿駅南口 徒歩3
   都営新宿線/都営大江戸線/京王新線 新宿駅A1出口 徒歩1
   
https://r3c.jp/roomreserve/map/
定員:60名 先着順

参加費:4,000円(税込)
申込先:㈱オープン・エンド セミナー事業部 担当:松田利也
    
romiseminar@yahoo.co.jp TEL:03-3476-1088
申込方法:
〇上記メールアドレス(
romiseminar@yahoo.co.jp)宛に、以下の項目をふまえたメールをご送信ください。
〇メール確認後、受講料振込先・銀行口座番号をメールにて返信させていただきます。その口座に受講料をお振込みください。
〇その後、ご入金確認後に整理番号を改めてメールにてご通知いたします。
〇チケットは配布いたしません。当日受付にてお名前と整理番号を確認させてい
ただきます。

……………………………………………………………………………………………………………

1.件名に<中野裕弓「3月15日さつきの会」>とご記入ください。
2.<お名前(フリガナ)>を記入してください。
3.㈱オープン・エンド セミナー事業部(
romiseminar@yahoo.co.jp)からのメールを受信可能なメールアドレスから送信していただくか、受信可能なメールアドレスを記入してください。
4.<電話番号>を記入してください。(緊急時に連絡可能な番号をお願いいたします)

*お申込みに関するご注意 
メールお申し込み後3日以上過ぎても返信がない場合は、お手数ですが電話にて
ご連絡ください(03-3476-1088)。お申込み時のメールアドレスが、事務局から
の返信メールを受信できない設定になっている可能性があります。

Posted at 09:12 午前 |