« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月31日 (金)

DJ Romi 開始

そろそろ新しい活動を始めようと、チームロミのメンバーでいろいろ話しています。

★ そこから生まれたものの一つが「DJ Romi」

  以前、毎月一回1時間弱の録音をしてCDにして会員の方々にニュースレターとともに配信していたことがありました。 小田原の家で毎月一回、関係者が集い「よ~いどん」で1時間の台本なしの録音をすることはエキサイティングでした。 1時間モノを1時間5分くらいの時間で撮り切っていましたね。台本がないのですから、やり直しもなし、です。このRomi's Voice は何年続いたことかしら?

  先月、誕生日にいろいろ思うところがあって、自分独自のものを今後は発信していこうという思いになりました。それは何かと模索して「声」に行きついたのでこのDJ Romiが誕生したのです。 実はDJって昔から興味があり、短大時代は放送研究会に属していて、自分の番組を作ったことがあったのを思い出しました。その時は「男と女」という曲をイントロに選んでいました。あ~懐かしい。残っていないかな~、音源。

   昨日は、DJパートナーのエディさんと(日本人ですよ)短い5分前後のトークをいっぱいとりました。 エディさんはチームロミのメンバーでIT関係担当のゆんたく仲間です。 何人かのDJパートナーとのやり取りが今後どう展開していくか、わくわくします。

  わたしの得意はケーススタディ(実際の事例研究)。 講演会でもQ&Aとして取り上げたケースは今まで何百?いえ何千ケースでしょうか? 同じような事例でも、時代とともに対処の仕方が変化していきます。 問題解決ってまるで生きもののようです。不変の宇宙法則に裏付けられた問題解決も、その時その時によって切り口、アプローチの仕方が変わってくるのですね。 心の声(ウメちゃん)が全開で、口から飛び出す言葉は面白いです。

ケースは仕事のこと、パートナーシップ、自分のこと、子供の育て方、お金との向き合い方、キャリアアップ、人間関係、いろいろ。 他人の事例でも、自分の生活のどこかに当てはまるから不思議です。

  我が家での録音ですから、途中、宅急便の車の音がしたり、鳥が鳴いたり・・・その旬のトークをもうすぐHPで無料配布していきます。

今、お庭がとてもきれいなので、戸外での録音もそのうち出来るかしら?

これから北九州に向かいます。 明日の講演会でもケーススタディをたくさんいただくことでしょう。もし時間の関係上、すべてを取り上げられなかったら、DJ Romi にいずれ反映します。 いってまいりま~す。

Posted at 08:46 午前 気になる人&コト |

2013年5月29日 (水)

阿波踊り x 演劇 = 寶船

久々の投稿です。

先週末、東京で知り合いの演劇を鑑賞しました。

この阿波踊りと演劇をクロスオーバーさせた「寶船」は大阪の知人、清田さんのご紹介で2度ほど舞台を見に行っています。

今回の出し物「真実の証」は受験&就職氷河期を体験した若者が、将来どの道を目指そうかと悩む深い内容の創作劇で、脚本も若手メンバーの米澤きょうだいが手がけています。今回は最後の最後まで手直しが入った力作です。その内容は若い人たちのみならず、大人の私たちにもに大いに考える種をもたらすものでした。 
この舞台を作っている過程で、中心メンバーたちは我が家にゆんたくに来てFeel Good について、将来の活動について熱く語り合いました。
「寶船」は米澤ファミリー(両親&3人の子どもたち)が中心になっています。
連長(阿波踊りが母体なのでリーダーは連長です)の米澤曜さんは徳島出身。阿波踊りの精神を受け継ぎ、さらに新しい芸能を追求するべく創作舞踏集団を作って活動中。
今回の「真実の証」は米澤ファミリー5名にかかわり、幼いころから阿波踊りを習いに来ていた青年像が主人公。子どもから大人に成長するにつれて、阿波踊りから離れ、受験勉強に明け暮れ、その後、就職氷河期を経て人生をどう生きるべきか悩む青年の姿に、今の若者が抱える葛藤をみました。高校生サマーセミナーに参加した学生たちの姿もダブりました。
劇中に出てくる「バラ」をとるか「パン」をとるかは大人になっても悩み続けるところ。主人公がどちらを取るか・・・ 最後までハラハラします。 でも結末に納得!
劇中に挿入される阿波踊りは絶品。よくもあれだけ動けるものです。
いいサイズの劇場での一体感は見終わった後、深いものが残りました。
東京公演は2日間で終了してしまいましたが、この出し物は6月一度だけ大阪で再演です。
6月22日(土) 午後14:30開場。 15:00開演
場所: 大阪市立青少年センターKOKOPLAZA (地下鉄御堂筋線新大阪より徒歩10分)
チケット・前売 3,000円 http://takarabune.org. ☎090-9836-0521(米澤さん)
お勧めします。

 

 

 

Posted at 06:44 午前 毎日のこと |