« 2017年3月 | トップページ

2017年7月14日 (金)

スーパー治療・YNSA

脳出血で倒れて 来月で3年になります。

無我夢中のこの月日。

右半身麻痺は ゆっくり ゆっくり 少しずつ回復してきています。

基本 杖歩行ですが、長い距離は車イスで押していただくか、電動車椅子を愛用しています。

退院してから飼い始めた愛猫(1才半)を 最近どうにか右手で撫でられるようになりました。

ですが、右手の動きはまだぎこちないので彼女はあまり気に入らないみたい(笑)


これまで友人知人のご縁でいろいろな治療法を教えていただいてきました。

まさに「必要な情報とご縁が 必要な時にもたらされる」と感じています。

それらの治療のどれもが相まって、今の自分の体の回復状態を作っています。


その一環で 最近、とても納得できる治療法に出会いました。

それは…
医学博士・山元敏勝 先生の YNSA という鍼治療。

ひと月前、新潟の「とやの健康ヴィレッジ」の小林さんからある本を紹介いただきました。小林さんは以前、新潟で何回も講演会を主催してくださった方。小林さんのメールに直感的に Good News と感じてすぐ本を取り寄せました。


『あきらめなければ、痛みも、麻痺も、必ず治る!』 山元敏勝 ソレイユ出版


本の帯には
「ドイツ、アメリカはじめ世界14カ国以上が医療に導入! 世界が認める治療法「YNSA」は日本の誇り!」とあります。(87歳の山元先生と 若い時 アメリカの病院勤務時代に出会ったドイツ人看護師の奥様との写真がステキ)

そういえば、
宮崎に頭蓋骨に鍼を刺して痛みを取る ヤマモト先生という方が いる、と以前 誰かに聞いたことがありました。 でも宮崎は遠方、ご縁はないものと…


小林さんが全国の門下生のリストから私の地区の治療師リストも探してくれ、私も それなら、と動きました。

数カ所打診して、往診してくださる治療師さんに巡り会い、今では毎週お願いすることに。

発病から3年たっていますから、奇跡的な回復!とはいきませんが、3、4回治療を受けて 治療法がわたしの体質にあっていると感じます。私の自然治癒力も元気になっている気がします。


鍼を打つのは首から上のみ。
手足の反応を見ながら、髪の生え際にピンポイントでツボを探し、そこに鍼を打つと手足の違和感が軽減するのです。鍼を打ったら30分くらいおきます。痛みはないので初めての時、頭に20~30本針を刺しているなんて全く感じませんでした。

YNSA は、脳梗塞の半身麻痺、パーキンソン病の体の震え、耳鳴りやめまい、うつ病など、あらゆる痛みの事例があります。

世の中にはたくさんの素晴らしい治療法があるのですね。
ありがたいです。

Image_2


Posted at 06:46 午後 |

2017年7月 1日 (土)

あっと言う間に7月。

大変ご無沙汰しました。

梅雨の時期、体調管理はなかなか厳しいのですが、

療養ももう直ぐ3年になりますから 慣れてきたのでしょう。

身体的状況はともかく 気分的には以前よりずっと落ち着いています。

ご心配ありがとうございます。

さて、今日はもう7月、

メディアでも上半期のニュースのランキングなどを伝えています。

本当にびっくりするようなことが 毎日 毎日、国内で、世界で起きていますね。

社会レベルでも、個人レベルでも。

今はフェイスブックやツィッターで 即時に発信することがトレンドにあるようで、

いろいろ考えたりしてもたもたしていると話題に(時代に?)ついていけませんね。

まるで縄跳びの大縄に入ろうとしてタイミングが合わずに一歩も踏み出せない状態(笑)

自分の頭の上を始終 飛び交うニュースの中には、

今までの延長上にあるものと、

明らかに 次元の違う新しい時代を示しているものがあります。

日々 降ってくる暗いニュースや、嘆かわしいニュースなどに気を取られてしまうと、

隙間からキラッと光を見せる 次元の違う事柄や出来事を見逃してしまいます。

この見極めはなかなか難しい。

それは単なる“いいニュース”とも違います。

そういう次元の違う話題からは 素晴らしくポジティブなエネルギー波が出ているかのごとく、

それに触れた人への影響、そこからの波及効果が… 確実に今までとは違うのです。

まだまだうまくキャッチできないところですが

それを うまくキャッチできるようになって 新しい時代の訪れを心待ちにしたいと思います。


個人的にも

去る4月15日の横浜でのハピネスコンサート以来、

見える周囲の景色、人の流れ、出会う人々、引き寄せる状況などに大きな変化が…


今は“新しい自分との二人三脚”の試運転中、という感じでしょうか。

そのためにも毎日の瞑想は欠かせません。

朝晩2回のメディテーションも日常生活の大事な一部、 すっかりルーティンになりました。


世界にとって 明るい未来の扉、開くのが楽しみです。


Posted at 11:32 午後 |